ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 農林水産業 > 試験操業の状況

試験操業の状況


  • 試験操業の流れ画像

    試験操業の流れ
     試験操業は、福島県地域漁業復興協議会や県下組合長会議等の段階を踏んで慎重な協議を経て実施されています。

  • 検査体制画像

    検査体制
     相馬双葉・いわきの各地区の産地市場に設置した検査機器を用いて、自主検査を行っています。検査は、県水産試験場の研修を受けて、放射能の知識・検査技術を習得した漁業協同組合の職員が行います。

  • 試験操業対象種・対象海域画像

    試験操業対象種・対象海域
     対象種は、毎週200検体前後で実施しているモニタリング検査結果から、安全が確認された魚種・海域を選定しています。

記事一覧


トップに戻る