ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 県民の生活と健康

県民の生活と健康


マスクをしたキビタン画像

概要

 福島県は「県民健康調査」に代表される長期にわたり県民の心身の健康を見守っていく様々な取組の実施や、18歳以下の医療費無料化など子どもを育てやすい環境を作る施策を行っています。

  • 県民健康調査画像

    県民健康調査
     福島県では、東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故による放射性物質の拡散や避難等を踏まえ、将来にわたる福島県民の健康の維持、増進を図ることを目的として「県民健康調査」を実施しています。

  • 医療福祉の現状画像

    医療福祉の現状
     東日本大震災により、浜通り地方の医療提供体制は医療機関の閉鎖や医療人材の流出等、深刻な被害を受けました。地域医療は住民のみなさまの健康を守り、ひいては暮らしに安心をもたらす大切なインフラであることから、福島県では「福島県浜通り地方医療復興計画(第1次・第2次)」を策定し、被災地の医療復興に向けた取り組みを進めております。

  • 被災者健康支援・心のケア画像

    被災者健康支援・心のケア
     福島県では、被災者の「からだ」と「こころ」の健康支援を実施しています。生活習慣の変化による体調不良や震災後の気持ちの変化・不調などに、保健師、管理栄養士や臨床心理士等の専門職が相談を受けています。

  • 子育て支援の概要画像

    子育て支援
     子どもの健康を守り、県内で安心して子どもを生み、育てやすい環境づくりを進めるために18歳以下(県民)の医療費無料化をはじめとした様々な施策を実施しています。


トップに戻る