ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 会津の田舎を守り隊のページ > 会津の田舎を守り隊事業 『雪かたし学生ボランティア』活動報告

会津の田舎を守り隊事業 『雪かたし学生ボランティア』活動報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月11日更新
 

平成28年2月16日(火曜日)~2月17日(水曜日) 
    会津の田舎を守り隊事業 雪かたし学生ボランティア活動報告

団体名    会津地方振興局

(1)活動日程
 平成28年2月16日(火曜日)~17日(水曜日) 1泊2日 

(2)活動場所
 金山町内及び柳津町内 

(3)趣  旨
 会津地域においては、若年人口の減少と高齢化の進行により、地域行事の運営や景観の維持保全、冬期の雪かたし(除雪)等において、担い手不足が大きな課題となっています。
 こうしたことを踏まえ、学生を対象に地域課題の一つである「雪かたし」を体験してもらうとともに、地域住民との交流を図ることにより、会津地域への理解・愛着を深めてもらう契機とすることを目的に実施しました。

(4)参加者
 福島県内大学生 10名
(内訳:福島大学4名、郡山女子大学短期大学部1名、会津大学1名、
会津大学短期大学部4名。
男性4名、女性6名。) 

(5)活動内容
2月16日(火曜日)
〇雪かたし(除雪):金山町内(大塩地区、太郎布地区)一人暮らし高齢者宅
〇交流会:金山町・地域おこし協力隊の紹介、猪俣昭夫氏ミニ講演会(マタギや日本ミツバチ等について)、地元の方との交流。
2月17日(水曜日)
〇雪下キャベツ収穫補助体験:柳津町藤地区にて実施。
雪かたし大塩雪かたし

 夕食雪下キャベツ

詳細な活動の様子はこちら から、御覧ください。
活動の動画はこちらから、御覧ください。

(6)参加された皆さんへ
 この度は、会津地方の課題の一つである「雪かたし」に関するボランティア活動に御参加いただき、誠にありがとうございました。
 今回の活動をきっかけに、今後とも会津地域との繋がりを持ち続けていただき、「会津の田舎を守り隊」として会津地域を応援していただければ幸いです。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。