販路開拓・展示会

MEDICA2012へ福島県ブースを出展しました!!

 福島県では、これまでメディカルクリエーションふくしまの開催や国内の医療機器関連産業の展示会へ出展するなど、県内ものづくり企業各位に対して、国内での販路開拓を支援して参りました。

 今般、県内ものづくり企業各位の技術や産学官で取り組んできた研究開発成果を海外に向けて発信し、よりグローバルな販路開拓を支援するため、世界最大の医療機器展示会"MEDICA2012"へ福島県ブースを出展いたしました。

 

1 MEDICA2012について




(1)会  期:20121114日(水)〜17日(土)
(2)場  所:ドイツ デュッセルドルフ
(3)開催規模:出展者約4,554 社(64 カ国)
(4)来 者:130,600 名(120 カ国)
(5)出展製品:医療機器全般
(6)特  徴:
1 世界最大の医療機器・製品の見本市であり、世界中から医療従事者、バイヤー、メーカーが集結する。
2 出展により、自社製品が世界中のバイヤーの目に触れるため、品質及び価格への評価、顧客の要望など、国際商談メッセならではの生の声を収集できる。
3 コンペティターの出展を参考にして、他社との差別化が図れる。


2 福島県ブースについて




(1)ブース規模
   Hall16 JETRO JAPANブース内80平方メートル

(2)出展者(順不同)
出展者                   出品物
株式会社P&M及び日本大学工学部 非侵襲血圧計ほか
有限会社エスク               医療用金属細管、レアメタル管
株式会社金子製作所           内視鏡用部品
林精器製造株式会社           医療用表面処理技術ほか
株式会社アトム及び福島大学      高機能型内視鏡装置ほか
CYBERDYNE株式会社         医療用ロボットスーツHAL
株式会社Eyes, JAPAN      ITによる医療アプリケーション
株式会社東鋼               医療用特殊工具、精密切削工具

(3)商談等成果

  商談:738件(うち29件について、現在もサンプル提供等の商談が継続しています。)

3 次年度の出展について


 福島県では今回の出展を契機に、県内ものづくり企業各位の製品や技術の世界展開を、より力を入れて支援して参りたいと考えております。MEDICA2013へも出展の方向で検討をしております。



4 開催風景