ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 復興のあゆみ > 震災から現在、そして未来のふくしま > 伝えたい、福島の記憶とみらい ~アーカイブ拠点施設開所に向けて~  (ダイジェスト版)

伝えたい、福島の記憶とみらい ~アーカイブ拠点施設開所に向けて~  (ダイジェスト版)

掲載日:2019年3月11日更新

※この動画には、冒頭に地震・津波の映像が含まれます。

◇本編はこちら
 http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/movie-now/ch-archive.html

『東日本大震災・原子力災害伝承館』が、2020年夏、福島県双葉町に開所します。
※ 2019年9月、施設名称が『東日本大震災・原子力災害伝承館』に決定しました。

◆『東日本大震災・原子力災害伝承館』とは?
東日本大震災及び原子力災害の記憶と記録を後世に伝えるとともに、復興に向けて力強く進む福島県の姿や、国内外からの支援に対する感謝の想いを発信するため、福島県が整備を進めている情報発信拠点です。

伝承館から発信していきたい「福島の記憶とみらい」を動画にまとめました。
震災前から現在までの福島県の歩み、そして伝承館について知るきっかけとしてください。

◆ふくしま復興ステーション 復興情報ポータルサイト
 http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/list275-2061.html


ページトップへ移動