ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > ふくしまをつくる人々 > 福島の若者たち > ロボットをつくりたい!という子どもの夢を日本一の高校生たちが叶えた!【福島県】

ロボットをつくりたい!という子どもの夢を日本一の高校生たちが叶えた!【福島県】

掲載日:2016年7月24日更新

福島県広報誌「ゆめだより」とのタイアップ企画!広報誌はウェブからも見られますhttps://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/koho-guide.html

福島県広報課に寄せられた1通の手紙をもとに、子どもたちの“ゆめ”を叶える本企画。
福島市のひかるくん(10)が作ってみたい!“ゆめのロボット”を実現するため、計5ヶ月にも及ぶ一大プロジェクトが動き出しました。

国際ナノ・アプリケーションコンテスト世界大会の優勝や、内閣総理大臣賞受賞などの数多くの実績を誇る名門「県立郡山北工業高等学校コンピュータ部」のご協力のもと、“ゆめ”を本気で叶えてみました。
福島県立郡山北工業高等学校は、こちら
http://www.koriyamakita-th.fks.ed.jp/

福島県は「ロボット産業革命の地ふくしま」をめざし、原子炉の廃炉や災害対応、医療、介護などこれからの社会が必要とするさまざまなロボットの関連産業の集積を図り、郡山北工コンピュータ部の皆さんのような、福島の未来を担う人材育成にも力を入れています。

【使用音源】
Octane / ポリスアカデミー
VARIOUS_COLORS / ハヤシユウ
冬空の朝 / 天休ひさし
霧雨 / かずち
(DOVA-SYNDROME)
http://dova-s.jp/

★YouTube福島県公式チャンネルでは、福島県の四季の魅力や、さまざまな最新情報、楽しい動画を公開しています。
チャンネル登録よろしくお願いします!
https://www.youtube.com/user/PrefFukushima


ページトップへ移動