ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 病院のご案内・基本理念 > 各部門について > 看護部門の紹介

看護部門の紹介

看護部理念

あたたかさと安心の看護

  1. 精神保健福祉法を理解し、生命の尊厳と患者さんの人権を守る。
  2. 個人を尊重し誠意を持ってあたたかい看護サービスを提供する。
  3. 安心できる療養環境を作り、治療意欲を高める看護サービスに努める。
  4. 患者さんの自立を目指し、社会復帰へ向けて支援する。
  5. 効果的な医療が行われるよう他部門・期間と綿密な連携を図る。
  6. 公的病院として自覚を持ち住民のニーズに応える。
  7. 常に向上心を持ち研鑽し、専門職業人、社会人として成長をはかる。

看護目標

  1. 患者さんの生命の尊厳と人権を守り、ニーズに応じた看護を提供する。
  2. 患者さんを全人的に捉え、温かみのある看護を提供する。
  3. チーム医療の中で看護の役割を自覚し、他職種との相互連携を図る。
  4. 看護業務の効率化と経済性を考え、業務改善に取り組む。
  5. 県立病院の使命を認識し、地域・社会が求める医療、看護水準に応じるため自己研鑽に努め、安全で安心な質の高い看護を提供する。

 人間性豊かで思いやりの心を持った自立した看護師を目指し、患者さん、家族が大切にされたと感じられるケアを提供する。

看護部長挨拶

 看護は、主に医師が提供する診療行為と共に医療の中で極めて重要な位置づけにありますが、福島県立矢吹病院では、より質の高い看護を提供させていただくことによって看護力で選ばれる病院を目指したいと考えています。それを目指すためには、確実な看護技術に基づく安全で安心な看護、患者さんやご家族の立場を理解したケアの提供、適切な倫理的判断に基づいて提供されるケアなど多くのファクターがあります。それに向かい個々人が常に自己研鑽に励み、ケアの評価をし、県立病院として、更には地域社会の期待する医療、看護を目指し患者さんやご家族が大切にされたと感じられる看護を提供したいと考えます。

教育体制

看護部教育委員会

院内に看護部の教育委員会を組織して、企画・運営・管理している。

教育委員会は各部署の師長および専門看護技師(副師長)主任看護技師などで構成されており、新人看護師研修、プリセプターシップ、継続看護教育(クリニカルラダー)など年間計画を作成しスタッフへ提示している。また、月毎にも院内研修予定表を作成し周知している。

矢吹病院看護部教育体制について

現在当院の看護部教育体制は、県立病院看護部教育実施要領に基づき展開されています。平成28年4月より県立病院3病院統一されたクリニカルラダーを導入され、引き続き臨床実践能力の向上を目指しています。

また、保健師助産師看護師法改正により看護職の臨床研修等が努力義務化されていることから、専門職として看護を実践するために必要な知識、技術、態度の向上を促すための支援をし、看護の資質向上を目指し、さらに、看護部のみならず病院スタッフ全員が取り組んでいけるような教育体系の構築を検討していきたいと考えています。

  1. 教育理念
    県立矢吹病院の基本理念に基づき、患者、家族に質の高い看護サービスを提供すると共に、県民に信頼される精神科看護の専門性を発揮できる職員を育成する。
  2. 教育目的
    県立矢吹病院看護部理念を理解し、専門職として看護を実践するために必要な能力を身につけ提供する。
  3. 教育目標
    1)臨床経験と役割に応じた、実践・教育・管理に必要な知識・技術・態度を備えた職員を育成する。
    2)理論と実践を統合し、精神科看護において質の高いケアを提供する組織およびリーダーを育成する。
    3)実践に役立つ看護研究活動を支援すると共に、教育・研究機関と有機的な関係を推進する。
  4. 教育の実際
    教育の実際は、福島県立矢吹病院教育研修体系をもって行う。

教育体制についての表

クリニカルラダーシステムとは

看護師としての基本的・専門的な知識、技術を、はしご(ラダー)を昇るように段階を踏みながら学べるシステムのこと。看護師個々の臨床実践能力や意欲に焦点をあて、その成長を支援していくシステムです。

学びの主体はあなた自身です。自分のキャリアをどのようにつくっていくかイメージしながら、臨床看護の実践能力を高めていきましょう。

教育体制についての表

クリニカルラダーシステムのねらい

  1. 臨床実践能力を評価し、意欲向上への動機づけとする
  2. 個々の看護師のキャリア開発を支援する
  3. 看護師の自律性を育てる
  4. 教育的サポートの基準とする

県立病院看護部の理念

あたたかさと安心の看護を実践します 

-いつでも・どこでも・誰にでもー

基本方針

  1. 県立病院の看護職としての自覚を持ち、住民のニーズに応えられるよう、保健、医療、福祉の専門職と連携して地域医療に貢献する。
  2. 生命の尊厳と患者の人権を守り、個人を尊重した看護を確立する。
  3. 常に向上心を持ち、安全で質の高い看護を実践し、評価する。
  4. 看護職員として、自ら心身の健康の保持促進に努める。

クリニカルラダーの基本構造(キャリアパス)

教育体制についての表

認定看護師

感染管理認定看護師:大津久美

感染管理認定看護師として、介護施設、在宅ケアなどに関わるすべての人々を感染から守るための仕事をしています。矢吹病院は精神科単科の病院であり、感染対策を推進していく上で様々な特徴があります。現状分析を行い、可能な範囲内で行える最善の感染対策を立案し、関わっているすべての人々が適切に実践できるよう日々活動しています。

また、施設外活動として県南保健福祉事務所や県南地方の施設の皆さんを対象とした感染対策研修を行ったり、電話相談に応じたりしています。

今後も矢吹病院の感染対策の推進とともに、地域の皆さんに貢献できる活動をしていきたいと考えています。よろしくお願い致します。

精神科看護認定看護師(精神科薬物療法):高橋真貴子

患者様が安心して服薬を継続する環境を整え、早期に地域で生活を送ることができるよう支援することを目的に活動しています。よろしくお願い致します。

精神科看護認定看護師:野中重徳

精神科認定看護師は平成27年度に制度が改正され、専攻領域が統合されました。対象者の高齢化、疾患の多様化、社会資源の活用など様々な状況の変化に柔軟に対応し、根拠に基づいた質の高い看護が実践できるよう活動していきたいと思います。よろしくお願いします。

平成30年度は、日本看護協会認定看護師(認知症看護)資格取得のため1名派遣予定。