ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 県民広聴室 > 令和元年度福島県政世論調査の実施について

令和元年度福島県政世論調査の実施について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月24日更新

 現在、福島県では、県政の課題等について県民の皆様の意識やニーズを調査し、具体的な政策形成等に生かしていくための県政世論調査を実施しています。

○ 本調査は、福島県にお住まいの15歳以上の方々の中から、1,300人を無作為に選び、郵送された調査票にお答えいただく方法で実施いたします。

○ 調査期間 令和元年7月24日(水)~8月13日(火)

○ 今回の調査は福島県が以下の業者に委託をして実施しております。

  委託業者 MOGコンサルタント株式会社 福島支店
         福島県郡山市堤1丁目157 フレグランス郡山103号 

○   調査に関しては以下にお問合せください。

   福島県総務部県民広聴室
   電話:024-521-7013 FAX:024-521-7934
   Email:koucho@pref.fukushima.lg.jp

県政世論調査  よくあるお問い合わせ

よくあるお問い合わせ一覧

【県政世論調査全般について】

【県政世論調査への御協力について】

【県政世論調査結果の御利用について】

【県政世論調査の信頼性について】

よくあるお問合せ

【県政世論調査全般について】

「県政世論調査」とは何ですか

 福島県政世論調査は、県政の課題等について県民の皆様の意識やニーズを調査し、具体的な政策形成等に生かしていくための調査で、毎年8月ごろに実施しています。
 本調査は、福島県にお住まいの15歳以上の方々の中から、1,300人を無作為に選び、郵送された調査票又は、電子調査票にお答えいただく方法で実施いたします。
 県政世論調査の結果は、県のホームページや報告書によって公表されます。

一覧へ

県政世論調査はどうやって実施しているのですか

 県政世論調査は、統計的な方法で(統計学の理論に基づいた一種の「抽選」で)、全県から15歳以上の方1,300人を無作為に選んで、選ばれた方々を対象に調査を行っています。
 調査に当たっては、調査票を選ばれた方々にお送りし、その調査票を御返送いただくか、電子調査票に御回答いただくか、いずれかの方法で御回答をいただきます。
 お答えいただいたご回答は集計の上、グラフなどに加工され、福島県のホームページや報告書で公表されます。

一覧へ

県政世論調査の結果は見られますか

 県政世論調査は、結果がまとまりしだい、ホームページや報告書で公表します。
 公表した県政世論調査の結果は、どなたでも御覧になれます。
 過去の世論調査の結果はこちらを御覧ください。

一覧へ

【県政世論調査への御協力について】

なぜ私が調査に当たったのですか

 福島県の県土は非常に広いうえ、浜通り・中通り・会津とそれぞれ地域によって特色があります。こうした県の姿が偏りなく把握できるよう、統計的な方法で(統計学の理論に基づいた一種の「抽選」で)15歳以上の男女1,300名を選んで、選ばれた方々を対象に調査を行い、その結果から全県の状況を推測する「標本調査」という方法を用いています。
 回答数が多ければ多いほど、県の姿が正確に反映されることになり、逆に回答数が少なければ、県全体の状況を推測するにあたって偏った調査結果しか得られなくなるおそれがあります。
 このように、正確な県政世論調査を実施するためにはあなた様の御協力が是非とも必要になりますので、この趣旨を御理解いただき、御協力をお願いします。

一覧へ

なぜ私の住所が分かったのですか

 県政世論調査を実施するに当たっては、市町村の住民基本台帳を閲覧して、調査対象の方々を選んでいます(統計的に「抽選」しています)。
 住民基本台帳は、県政世論調査や統計調査などの場合に、きちんとした手続きを経ることによって閲覧が許可されます。
 福島県の県政世論調査も、このようにして各自治体から閲覧の許可をいただいているものです。
 さらに、住民基本台帳を閲覧して得られた情報については、本調査以外の目的には一切利用されませんので、御安心ください。

一覧へ

調査に答えた結果はどのように利用されるのですか

 お答えいただいた御回答は、集計の上、グラフなどに加工され、福島県のホームページや報告書によって公表されます。
 県の復興総合計画を始め、各種計画などにおいても県政世論調査は広く用いられ、県の施策を進めるに当たっての基礎資料となっています。
 また、テレビ・新聞などでも報道され広く伝えられます。
 公表された県政世論調査の結果は、誰でも利用することができます。
 このように幅広く有効に利用されることになりますので、是非御協力をお願いします。

一覧へ

個人情報は守られますか

 県政世論調査では、県の施策などに関する意識と、それを統計分析するために必要な情報(性、年齢、御職業)をお尋ねします。それ以外の個人に関する情報はお尋ねしません。(今回記念品を御希望される方にのみお名前、御住所をお尋ねしています。)
 また、公表に当たってもとりまとめ結果のみを公表し、個別の回答を掲載するということはありません。
 したがって、あなた様のお名前など個人の情報が出て御迷惑をおかけするようなことはございませんので、御安心ください。

一覧へ

調査票番号はどのように使われますか

 調査票についている調査票番号は、紙の調査票と電子調査票を重複して回答する方がいないかを確認するためのもので、調査票番号と調査対象者の氏名や住所等とは紐づけ管理はしていません。
 したがって調査票番号によって個人の回答を特定することはできないようにしています。

一覧へ

県政世論調査は義務ですか。拒否すると罰則があるのですか

 県政世論調査にお答えいただくことに、拒否いただいても罰則はありません。
 しかしながら、回答数が少なければ、県全体の状況を推測するにあたって偏った調査結果しか得られなくなるおそれがあります。
 このように、正確な県政世論調査を実施するためにはあなた様の御協力が是非とも必要になりますので、この趣旨を御理解いただき、御協力をお願いします。

一覧へ

【県政世論調査結果の御利用について】

県政世論調査の結果はいつ公表されますか

 県政世論調査の結果は、まとまり次第、報告書やホームページで公表します。また、新聞やテレビなどでも報道されます。
 結果の公表時期は、11月中旬の予定です。
 ただし、業務の進捗状況によって若干前後することがありますので、御了承ください。

一覧へ

県政世論調査の結果はどこで入手できますか

 県政世論調査の結果は、ホームページや報告書で御覧になれます。
 過去の調査結果はこちらを御覧ください。

一覧へ

県の県政世論調査の結果を引用したい場合は、どうすればよいですか

 県の県政世論調査の結果は、そのまま引用なさるのであれば、自由に引用していただいて構いません。
 引用された場合には、大変お手数ですが、引用された部分の写しを、福島県県民広聴室の県政世論調査担当までご送付ください。
 お送りいただいた資料によって、どのような場面でどのように県政世論調査の結果を使って頂いているかを確認し、今後の県政世論調査の参考にさせていただきます。

一覧へ

【県政世論調査の信頼性について】

県政世論調査への回答を求められたのですが、本当に福島県でやっている県政世論調査ですか

 福島県の県政世論調査でお尋ねする内容は、主に県の施策に関する意識と、それを統計分析するために必要な情報(性、年齢、御職業)です。それ以外の個人に関する情報はお尋ねしません。(今回記念品を御希望される方にのみお名前、御住所をお尋ねしています。)
 なお、県政世論調査の対象になられた方で、本当に福島県でその調査をしているかどうか御心配の方は、大変お手数ですが、福島県県民広聴室県政世論調査担当までお問い合わせください。

一覧へ