ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 私学・法人課 > 承継証明願について(不動産の名義が旧法人名義のままになっている)

承継証明願について(不動産の名義が旧法人名義のままになっている)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月23日更新
 承継証明願について(不動産の名義が旧法人名義のままになっている)

承継証明願について(不動産の名義が旧法人名義のままになっている)

法人所有の不動産の名義が、旧法人名義(宗教法人法施行以前の法人)のままになっている

宗教法人所有の土地・建物の所有権移転に際し、登記上の所有権者が旧法人のままとなっているため手続きできないときは、申請により、県が調査することで、旧法人から権利を承継したことを証明できる場合があります(必ず証明できるとは限りません)。詳しくはお問い合わせください。

申請に必要な書類

提出書類

参考様式

承継証明願2部(うち1部には福島県収入証紙300円を貼付)

※記入ミス防止のため、収入証紙を貼付ける前に、一度、事前提出されることを推奨いたします。

※福島県収入証紙の売りさばき所は、下記URLを御参照ください。

 https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/55015a/urisabakijyo.html

寺院用 [PDFファイル/85KB]

神社用 [PDFファイル/83KB]

宗教法人登記事項証明書2部(「現在のもの」及び「昭和26年4月2日以前の閉鎖登記簿謄本」)

原本

承継が必要な土地・建物の登記事項証明書

※閉鎖している場合は、閉鎖登記簿謄本も添付ください。

原本

境内地・境内建物の配置が分かる地図等

その他参考になる書類があれば提出ください。

 


PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方はダウンロード(無償)をお願いいたします。Adobe Readerのダウンロードへ

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)