ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 環境共生課 > 温室効果ガス排出量算出結果(2015)

温室効果ガス排出量算出結果(2015)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月17日更新

福島県における2015年度(平成27年度)の温室効果ガス排出量について

 本県における2015年度(平成27年度)の温室効果ガス排出量について、地球温暖化対策の推進に関する法律第21条第10項に基づき公表します。
 なお、温室効果ガス排出量の公表については、国による都道府県ごとの統計資料及び福島県内の各種統計資料の発表時期の関係で、2015年度分の公表となります。             

1 温室効果ガス総排出量について


    総排出量  
  (二酸化炭素換算)
 本県の温室効果ガス排出量の推移             

  ・基準年度比、前年度比ともに削減されている主な要因

    (1)省エネ等によるエネルギー使用量の減少

    (2)県内に電気を供給している電気事業者の高効率火力発電所の運転開始、再生可能エネルギーの導入拡大等による
       電気使用量に係る二酸化炭素排出係数の改善

    などがあげられます。

2 「福島県地球温暖化対策推進計画」の進行管理に用いる調整後排出量について


    調整後排出量
  (二酸化炭素換算)

    ・調整後排出量とは

     (1)森林吸収によるオフセット(2015年度:▲131万トン)

     (2)県内に電気を供給している電気事業者の調整後排出係数による調整(2015年度:4万トン)

     (3)再エネ導入によるオフセット(2015年度:▲27万トン)

    について削減分として総排出量から差し引いたものです。
    「福島県地球温暖化対策推進計画」では、「基準年度(2013年度)の総排出量」と「調整後排出量」の比較によって
   進行管理をすることとしております。
     (基準年度の総排出量:1,810万トン)

※ 詳細版についても作成しましたので併せてご覧ください。

     福島県における2015年度(平成27年度)の温室効果ガス排出量について(詳細版) [PDFファイル/867KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。