ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 児童家庭課 > 子どもの医療費助成

子どもの医療費助成

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新

 子どもの医療費助成

平成24年10月1日から県内全市町村において

18歳以下の医療費を無料化しています

 

 福島県では、子どもの健康を守り、県内で安心して子どもを生み育てやすい環境づくりを進めるため、子どもたちが安心して医療を受けられるように、子育て支援策として、医療費助成をしています。

 

1 助成の対象者

 18歳に達する年度の3月末日までにある人で、県内に住所がある人。

 

2 助成の内容

対象者が健康保険適用の診療を受けた時に支払うべき自己負担額(診療費や入院時食事療養費等)。

グラフ

※健康保険が適用されないもの(予防接種・薬の容器代・紹介状なしに受診した際に課せられる特定料金等)は助成対象とはなりませんのでご注意願います。

※原則として、国の制度による公費負担医療制度(*)が利用できる場合にはそちらを優先し、

 その際に自己負担額が生じた場合には、当該自己負担額に対して助成します。

  例: 小児慢性特定疾患治療研究事業育成医療養育医療

 

3 助成を受けるための手続等

事業の実施主体は市町村となりますので、住民登録がある市町村へお問い合わせください。

 

4 受診上の留意点

必要な方が安心して医療を受けられるようにするとともに、保険料や助成にあてる県や市町村の予算を有効に活用するため、

医療機関で受診する際には、次のことに留意しましょう。

   上手にお医者さんにかかりましょう (PDF172kb)

 

5 事業の仕組み

本制度は、市町村が子どもの医療費の助成をするものです。

県は、市町村が助成した額を補助します。

手続きの流れ

 

6 医療機関等関係者の方へ

本制度の実施主体は市町村です。対象年齢が拡大になるだけで、基本的に今までと取り扱いは変わりません。

 

〔リンク〕

ちらし 表(PDF 358kb) 裏(上手にお医者さんにかかりましょう)(PDF172kb)

福島県乳幼児医療費助成事業補助金交付要綱 (PDF128kb)

福島県子どもの医療費助成事業補助金交付要綱 (PDF115kb)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)