ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 障がい福祉課 > 失語症者向け意思疎通支援事業について

失語症者向け意思疎通支援事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年8月2日更新

失語症者向け意思疎通支援事業

失語症とは?
脳卒中等で生じる言葉の障がいです。
失語症者向け意思疎通支援者とは?
失語症をお持ちの方が自分らしく生活できるように、日常の外出場面において必要なコミュニケーションを支援する方です。 

失語症者向け意思疎通支援者養成事業説明会の開催について

県では、令和元年度より、失語症者向け意思疎通支援者の養成を開始しました。

令和2年度は新型コロナ感染予防のため残念ながら開催できませんでしたが、今年度は感染対策を行い開催いたします。

10月から始まる養成講習会を前に、事業に関する説明会を開催します。

講習会の参加を希望している方だけでなく、少しでも関心のある方は、是非御参加ください。

【日 時】 令和3年8月29日(日曜日)10時00分~12時00分

【会 場】 オンライン開催QRコード

【その他】 参加無料(先着100名)

申し込みは、メールもしくはQRコードの応募フォームにて手続きをお願いします。

詳しくは、チラシをご覧ください。

失語症向け意思疎通支援者養成事業説明会チラシ [PDFファイル/1.04MB]

不明な点、申し込みはこちらまで fukushima-st@fukushima-st.org (福島県言語聴覚士会)

失語症者向け意思疎通支援者養成講習会の開催について

失語症者向け意思疎通支援者養成講習会とは?

 本講習会では、失語症者の症状や対応方法を理解し、失語症者が自分らしく生活できるように、買い物・役所での手続き等の日常の外出場面において、必要なコミュニケーションを支援する「失語症者向け意思疎通支援者」の養成を行います。

募集内容

講習内容  講義・実習 全40時間

定員     20名

受講料    無料。テキスト代や会場までの交通費等は自己負担となります。

応募資格    福島県内に住所を有する18歳以上の方で、講習会終了後、県内で失語症者向け意思疎通支援等の活動ができる方

応募締切    令和3年9月3日(金曜日) 必着

★実施は、福島、郡山、会津若松、いわきの4会場を予定しています。

日程・講座内容(予定)

日程

時間

講座内容

 10月10日

(日曜日)

9時30分~17時00分

開講式、オリエンテーション、

失語症概論、

コミュニケーション支援技法、合同実習

11月14日

(日曜日)

9時30分~17時00分

意思疎通支援者とは何か、

意思疎通支援者の心構えと倫理、

身体介助の方法、合同実習

12月12日

(日曜日)

9時30分~17時00分

失語症のある人の日常生活とニーズ、

外出同行支援、合同実習

1月9日

(日曜日)

9時30分~17時00分

コミュニケーション支援技法、

福島県失語症者のつどいへの参加

2月13日

(日曜日)

9時30分~17時00分

派遣事業と意思疎通支援者の業務、

補講(該当者のみ)

修了式

 このほかに、各地域で実習を4回実施します。

 (実習の日程は、会場によって異なります。また、新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては、日程や会場変更の可能性がありますので、ご了承ください。)

申込方法

 申込用紙(ちらし裏面)に必要事項を記入の上、メールまたはFaxで、お申し込みください。

 失語症者向け意思疎通支援者養成講習会チラシ(申込書) [PDFファイル/812KB]

 申込書(メールで申し込みされる方はこちらが便利です) [Wordファイル/15KB]

不明な点、申し込みはこちらまで shitsugosho@pref.fukushima.lg.jp (福島県障がい福祉課)

※説明会と講習会で連絡先が異なりますのでご注意願います。

 

電話:024-521-7170  Fax:024-521-7929

  E-mail: shitsugosho@pref.fukushima.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)