ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 地域医療課 > 発熱などの症状がある場合の相談・受診について

発熱などの症状がある場合の相談・受診について

印刷用ページを表示する 掲載日:2024年2月28日更新

医療従事者の皆様の協力にこころより感謝いたします

1 発熱等により受診しようと思われる方へ

(1)新型コロナウイルス感染症の感染者数の増加について

感染者数が増加傾向にあり、特に10代以下の感染者の割合が増加しています。
症状等が現れた場合には、マスクの着用出勤・登校を控えるなど外出に留意いただき、感染拡大防止にご協力いただきますようお願いいたします。

 

新型コロナの感染者数が増加しています

新型コロナの感染者数が増加しています [PDFファイル/482KB]

 

※医療機関を受診する際には「一般の患者さんへの二次感染」「院内感染」の発生防止のため、必ず事前予約を行い、マスクを着用するなど必要な感染対策を行ったうえで医療機関を受診してください。(詳細については「医療機関への適切な受診について」をご覧下さい。)

 

(2)発熱患者等の増加による一部医薬品の不足について

現在、発熱患者等の増加により一部医薬品(咳止めなどの薬や検査キット)が不足している状況にあります。

そのため、一部の外来対応医療機関においては公表している対応から一時的に内容を変更(受入患者や検査など)し、診察を行っている場合がありますので御了承ください。

※厚生労働省は製薬企業への増産要請を行い、医薬品の安定供給に向けた対応を進めています。

 

2 新型コロナウイルス感染症の感染状況等について 

(1)県内の感染状況について

新型コロナウイルス感染症の定点当たりの報告数につきましては10.29と前週より減少が見られます。なお、インフルエンザの定点当たりの報告数は10.85と前週より増加し再び注意報を発令しました(令和6年2月28日公表内容)

詳細につきましては、「新型コロナウイルス感染症の発生動向等について」及び「インフルエンザ情報」をご覧下さい。

 

  

 

(2)感染拡大に備えて

感染拡大の傾向が続いておりますので、マスク着用(場面に応じた)や換気などの基本的な感染対策を継続いただき、感染予防に努めていただきますようお願いいたします。

また、ご自身やご家族が感染し、発熱等の症状が現れた際にあわてることがないよう、市販薬や検査キットなどの準備を行いましょう。

もしも感染してしまった場合には、あわてず症状を確認し、受診の必要性について冷静に判断しましょう。

感染拡大に備えて

3 外来対応医療機関はこちらです。

福島県では、発熱等の症状がある方の診察や必要な検査の実施について協力を得られた医療機関を「外来対応医療機関(旧:診療・検査医療機関)」として登録・公表し、令和6年4月からの通常医療への完全移行を見据えた幅広い医療機関による外来診療体制の構築を進めています。

外来対応医療機関について

 

(1)適切な受診について

5類変更に伴い、更に多くの医療機関から外来対応医療機関としての協力を得られていますが、医療資源には限りがあります。

そのため、新型コロナ発生前の季節性インフルエンザと同様に感染拡大時や日祝日、大型連休期間中は予約が取りづらい、長時間の待ち時間などの状況は発生してしまいます。

医療機関を受診される前に、まずは以下の「医療機関への適切な受診について」をご確認いただき、限りある医療資源を適切に活用いただきますよう御協力をお願いいたします。

医療機関への適切な受診について 適切な受診についてご協力ください。受診される前にまずはこちらをクリック

 

(2)受診の必要性について迷う場合など

受診の必要性について迷う場合自宅療養中に体調が悪化した際には福島県新型コロナウイルス感染症相談センター(0120-567-747)へご相談ください。
 (外来対応医療機関の一覧やマップの内容がわからず、上手く検索できない場合にもご相談ください。)

 

(3)外来対応医療機関マップ

外来対応医療機関マップを活用し、最寄りの外来対応医療機関を検索可能です。また、小児患者に対応可能な医療機関を表記しました小児患者用マップも掲載しています。
※各マップは外部サイトとなります。

外来対応医療機関マップ

 

小児患者用マップ

 

(4)外来対応医療機関の一覧

外来対応医療機関の一覧を地域別に掲載しています。マップで検索できない場合にはこちらからも検索可能です。

外来対応医療機関の一覧

 

(5)オンライン・電話診療

オンライン・電話診療へ対応している外来対応医療機関を掲載しています。自宅での療養中に診察等が必要となった際には、二次感染及び院内感染を抑制する観点などからオンライン・電話診療に対応可能な外来対応医療機関への受診について御検討ください。

オンライン・電話診療の一覧

 

4 罹患後症状に関する相談・受診体制について

福島県では、罹患後症状を訴える患者さんが、かかりつけ医や身近な医療機関で相談・受診ができるよう受診体制を整え、必要に応じてかかりつけ医等から専門的な医療機関に繋ぐ体制を整備しています。
罹患後症状にお悩みの方は以下のページを御参照ください。

新型コロナウイルス感染症の罹患後(りかんご)症状(いわゆる”後遺症”)について

 

5 救急外来・救急車の適切な利用について

救急車や救急外来は、緊急性の高い症状の方や重症の方の命を守っています。急を要する場合以外に救急車を呼んだり、検査のためだけに救急外来を受診することは引き続き控えましょう。
救急外来の適切な利用

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)