ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・環境 > 動物・ペット > ペット・狂犬病予防 > 動物取扱業者の皆さまへ(第一種動物取扱業の登録及び第二種動物取扱業の届出について)

動物取扱業者の皆さまへ(第一種動物取扱業の登録及び第二種動物取扱業の届出について)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年2月1日更新

 平成25年9月1日に「動物の愛護及び管理に関する法律」(以下、「動愛法」という。)が一部改正、施行されたことに伴い、従来の動物取扱業者は「第一種動物取扱業者」となるほか、動物の取扱等についても変更があります。
 また、営利を目的とせずに専用の飼養施設を設けて一定数以上の動物を業として取り扱う場合については、「第二種動物取扱業者」として届出が必要となります。

 

第一種動物取扱業の登録について

 営利を目的として動物の取扱業を営む場合には、第一種動物取扱業の登録が必要です。第一種動物取扱業者は、営業を開始する時までに、飼養施設・管理方法等について法に基づく基準に適合させ、県知事へ登録しなければなりません。
 悪質な業者に対しては、県知事が業の登録を取消すことや業務の停止を命じることがあります。

第一種動物取扱業の登録が必要な業種

 県知事への登録が必要な業種は、以下のとおりです。

業種業の内容該当する業者の一例
販売(取次ぎ、または代理を含む)動物の小売り及び卸売り並びにそれらを目的とした繁殖または輸出入を行う業(その取次ぎ、または代理を含む)小売業者、卸売業者、販売目的の繁殖または輸入を行う業者、露店等における販売のための動物の飼養業者、飼養施設を持たないインターネット等による通信販売業者
保管保管を目的に顧客の動物を預かる業ペットホテル業者、美容業者(動物を預かる場合)、ペットのシッター
貸出し愛玩、撮影、繁殖、その他の目的で動物を貸し出す業ペットレンタル業者、映画等のタレント・撮影モデル・繁殖用等の動物派遣業者
訓練顧客の動物を預かり訓練を行う業動物の訓練・調教業者、出張訓練業者
展示動物を見せる業(動物とのふれあいの提供を含む)動物園、水族館、動物ふれあいテーマパーク、移動動物園、動物サーカス、乗馬施設・アニマルセラピー業者(「ふれあい」を目的とする場合)
競りあっせん動物の売買をしようとする者のあっせんを会場を設けて競りの方法により行う業動物オークション会場の運営業者
譲受飼養動物を譲り受けてその飼養を行うこと(その動物を譲り渡した者が飼養に要する費用の全部または一部を負担する場合に限る)老犬・老猫ホーム等業者

 登録の単位

 登録は、それぞれ業種別、事業所ごとに受ける必要があります。
 同一の事業所で複数の種別の動物取扱業を営む場合は、業種別ごとに登録を受けることが必要です。

販売業者の義務

 第一種動物取扱業者以外の方に対して動物(哺乳類、鳥類、爬虫類)を販売する場合は、対面説明、現物確認が必要となります。

犬猫等販売業者の義務

 生後56日以内(平成28年8月31日までは45日、その後法律で定める日までは49日)の犬猫の繁殖業者からの引き渡しは禁止となります。
 また、犬猫等健康安全計画の提出や、入手、販売、死亡した犬猫の頭数について月ごとにまとめ、年度終了後60日以内に報告する必要があります。

動物取扱責任者の設置

 動物取扱業者は、事業所ごとに1名以上の動物取扱責任者を選任し、そのすべての責任者に毎年県が実施する研修を受けさせる必要があります。
 詳しくは、こちら(「動物取扱責任者の設置について」)をご覧ください。

登録の有効期間

 動物取扱業者は、5年ごとに、登録の更新をしなければなりません。

登録の手続きについて

 登録申請は、動物取扱業を営む事業所がある場所を管轄する福島県内の動物愛護センター、動物愛護センター支所または中核市保健所で登録することになります。
 詳しくは、こちら(「登録の手続きについて」)をご覧ください。

登録申請手数料

 登録を受けようとする業者は、動物取扱業の種別ごとに申請時に手数料を納めることになります。
   例) 販売、保管、展示の3業種登録する場合・・・ 3業種 × 15,000円 = 45,000円になります。

名称金額納付の方法
動物取扱業登録申請手数料1件につき  15,000円福島県収入証紙により納付
動物取扱業登録更新申請手数料1件につき  15,000円福島県収入証紙により納付

罰則

 無登録営業や改善命令に従わなかった場合については、100万円以下の罰金が課せられる場合があります。

 

 

第二種動物取扱業の届出について

 営利を目的とせずに動物の取扱業を行う場合で、専用の飼養施設を設けて一定数以上の動物を取り扱う場合には、第二種動物取扱業の届出が必要です。第二種動物取扱業者は、飼養施設・管理方法等について法に基づく基準に適合させなければなりません。

第二種動物取扱業の届出が必要な業種

 知事への届出が必要な業種は、以下のとおりです。

業種該当する業者の一例
譲渡動物を保護して新たな飼養者を探す個人、団体
保管無償で動物を預かる個人、団体
貸出し無償で動物を貸し出す個人、団体
訓練盲導犬、聴導犬などを飼育する団体等
展示動物ふれあい活動を行っている公園等

飼養頭数について

 第二種動物取扱業の届出が必要となる飼養頭数は、以下のとおりです。

分類飼養頭数主な対象動物
大型動物3頭以上牛・馬・豚・ダチョウ等(大きさが概ね1m以上の哺乳類、鳥類)・特定動物
中型動物10頭以上犬・猫・ウサギ等(大きさが概ね50cm~1mの哺乳類、鳥類)、大きさが50cm以上の爬虫類
小型動物50頭以上ネズミ、鳩等(大きさが概ね50cm以下の哺乳類、鳥類、爬虫類)
大型動物・中型動物の合計数10頭以上 -
大型動物・中型動物・小型動物の合計数50頭以上 -

届出の単位

 届出は、それぞれ業種別、飼養施設ごとに行う必要があります。
 同一の飼養施設で複数の種別の動物取扱業を行う場合は、業種別ごとに届出が必要です。

届出の手続きについて

 届出は、飼養施設がある場所を管轄する福島県内の動物愛護センター、動物愛護センター支所または中核市保健所で行うことになります。


 環境省ホームページ(動物の愛護・管理に関する法令等)


動物愛護のページトップへ食品生活衛生課トップへ