ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > こども・青少年政策課 > 「ふくしま」の子どもを守る緊急宣言

「ふくしま」の子どもを守る緊急宣言

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新

福島第一原子力発電所の事故は、今なお、収束の兆しが見えず、私たち福島県民の安全・安心を根底から揺るがし、県民生活のあらゆる局面において深刻な影響を及ぼしています。
特に、放射線の影響を受けやすいとされている子どもたちは、夏本番を迎えるこの時期に、青空の下で自由に遊ぶこともできず、登下校時にはマスクを着用するなど、心と体にストレスを受けながら生活を送っています。
福島県は、「ふくしま」の将来を担う子どもたちを、何としても守り抜かなければならない、と同時に、今県外に避難している子どもたちの、一刻も早く「ふるさと・ふくしま」に戻りたいという思いに応えられるよう、安全で安心な「ふくしま」を再生していかなければならないと決意いたしました。
そのため、校庭の表土除去や線量計の配付、長期にわたる県民の健康管理、ホールボディカウンターの整備、さらには、自然体験活動への支援など、考えうる、あらゆる手立てを「ふくしまの子どもを守る緊急プロジェクト」として取りまとめました。
このプロジェクトは、ふくしまの子どもを守り、ふくしまの未来を切り拓く礎となるものです。
このプロジェクトに福島県の総力を結集して取り組んで行くため、平成23年7月8日に、関係団体の方々にも出席いただき、「ふくしまの子どもを守る緊急プロジェクト」推進会議を開催し、『「ふくしま」の子どもを守る緊急宣言』を発表いたしました。

詳しくは、下記のファイルをダウンロードしてご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。