ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > こども・青少年政策課 > H27.4.30 福島市立福島第一小学校の校庭で「鯉のぼり掲揚式」を行いました。

H27.4.30 福島市立福島第一小学校の校庭で「鯉のぼり掲揚式」を行いました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年5月11日更新

5月5日の“こどもの日”を前にした4月30日の朝10時、福島市立福島第一小学校の校庭で「鯉のぼり掲揚式」が行われました。

式典には、福島第一小学校、ふくしま南幼稚園、保育所けやきの子 の子どもたちと県警音楽隊が参加し、全員で“こいのぼり“を合唱する中、知事、こども未来局長、代表児童・園児6名で、鯉のぼりを掲揚しました。

福島県では、児童福祉の理念を広めるために5月を「児童福祉月間」と定め、家庭、県、市町村、学校など、子どもたちを取り巻く社会全体が一体となって、子どもたちの健やかな成長を促す取組を実践しよう!と呼びかけています。 

「児童福祉月間」運動の象徴として、子どもたちの健やかな成長を願うシンボルである“鯉のぼり”を、毎年県庁舎屋上に掲揚しています。

児童福祉法(抜粋)

 第一条 すべて国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、且つ、育成されるよう努めなければならない。 

 第二条 国及び地方公共団体は、児童の保護者とともに、児童を心身ともに健やかに育成する責任を負う。

1   2

                       3 

               4

                  5

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。