ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・環境 > 動物・ペット > ペット・狂犬病予防 > 福島県動物愛護センターの譲渡猫情報

福島県動物愛護センターの譲渡猫情報

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年1月22日更新

 

流れ

※譲渡前講習会についてはこちらから→譲渡前講習会について

※令和3年6月1日より、譲渡手数料(1匹につき4,000円)がかかります。

 譲渡手数料は福島県収入証紙で納めていただきます。

 福島県収入証紙売りさばきについて

動物愛護センターでは新しい飼い主さんを募集しています!

 このページには、現在福島県動物愛護センターで飼い主さんを募集している猫の情報を掲載しています。
 掲載されている猫の飼い主になりたい方は、動物愛護センターまでお電話ください。
 譲渡手続きの詳細については、こちらのページをご覧ください。→犬・猫を譲り受けたい方へ

福島県動物愛護センターの連絡先

 〒963-7732 田村郡三春町大字上舞木字向田17番
 電話番号 024-953-6400
 開庁時間 月曜日~土曜日(祝祭日を除く) 8時30分~17時15分
 管轄地域 二本松市、伊達市、本宮市、桑折町、国見町、川俣町、大玉村
        須賀川市、田村市、鏡石町、天栄村、石川町、玉川村、平田村、浅川町、古殿町、三春町、小野町
        白河市、西郷村、泉崎村、中島村、矢吹町、棚倉町、矢祭町、塙町、鮫川村
 福島県動物愛護センター電話番号 

現在飼い主さんを募集している猫

 現在、飼い主さんを募集している猫3匹です。

 システムの都合により、掲載している情報は最新でない可能性があります。

ニックネーム(管理番号)

クリーム ちゃん(c031202-1)

猫

種類

雑種

体格

毛色

白茶

毛の長さ

性別

メス

推定年月齢

3ヶ月

その他(性格等)

人懐こい性格です。

右膝に骨折して治った痕があり、歩行時に若干ふらつきますが、低めの段差であれば登り降り可能です。

猫エイズ検査

陽性

猫白血病検査

陰性


 猫2匹(n031122-1、c040107-1)の譲渡手続きについての注意事項

・ 譲渡申込み受付期間:1月24日(月曜日)~1月29日(土曜日) ※日曜日、祝日は除きます。

・ 譲渡前講習を受講していない方は、講習受講後にマッチングしていただきます。

・ 来所(譲渡前講習、マッチング)の予約は電話での先着順で、完全予約制です。

・ 譲渡申込み受付後、当所で審査を行い、譲渡者を決定します。

・ 審査結果は、2月1日(火曜日)に電話で御連絡いたします。

・ 譲り渡し日:審査結果の御連絡から概ね1週間以内にお迎えに来ていただきます。

ニックネーム(管理番号)

だんご ちゃん(n031122-1)

猫1

猫2

種類

雑種

体格

毛色

サビ

毛の長さ

性別

メス

推定年月齢

5ヶ月

その他(性格等)

人懐こい性格です。

猫エイズ検査

陰性

猫白血病検査

陰性

ニックネーム(管理番号)

ぽんず 君(c040107-1)

猫

種類

雑種

体格

毛色

キジトラ

毛の長さ

性別

オス

推定年月齢

3ヶ月

その他(性格等)

人懐こい性格です。

猫エイズ検査

陰性

猫白血病検査

陰性

猫エイズについて

 猫エイズは、猫免疫不全ウイルス(FIV)による感染症で、猫以外には感染しません。

 FIVは感染猫の唾液中に含まれていて、主にケンカの咬み傷などから感染します。

 FIVに感染した猫は何年もかかって免疫系の障がいがおこり、最終的に猫後天性免疫不全症候群(猫エイズ)を発症するといずれ死亡しますが、感染していても発症せずに寿命を全うすることも多くあります。

 感染していても発症していなければ、ストレスの少ない飼育環境と、栄養バランスのよい食餌を与えることで、発症を抑え、生存期間を延長させることができます。

 感染猫を飼う場合は、他の猫への感染を防ぐため、単独飼育をお勧めします。

 また、検査結果が陽性であっても、生後6ヶ月齢未満の場合、母猫からの移行抗体による抗体を検出している可能性もあるため、生後6ヶ月齢以降に再検査が必要となります。

猫白血病について

 猫白血病は、猫白血病ウイルス(FeLV)による感染症で、猫以外に感染しません。

 FeLVは感染猫の唾液中に含まれていて、グルーミングや咬傷、食器の共有などにより感染します。

 FeLVに感染した猫は、数ヶ月から数年後に免疫系の障がいがおこり、いずれ死亡しますが、ストレスの少ない飼育環境と、栄養バランスのよい食餌を与えることで、余生を全うさせることができます。

 感染猫を飼う場合は、他の猫への感染を防ぐため、単独飼育をお勧めします。

 また、検査結果が陽性であっても、一過性のウイルス血症の可能性があるため、1ヶ月後に再検査が必要となります。