ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 地産地消・伝統工芸 > 「ふくしま食育実践サポーター」をご活用ください

「ふくしま食育実践サポーター」をご活用ください

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年9月22日更新

 「ふくしま食育実践サポーター」とは

 県では、食育体験や交流、食生活改善、地域の食文化や郷土食の伝承等の活動を先進的に実践する方々を「ふくしま食育実践サポーター」として登録し、学校や地域団体等が実施する子ども等を対象とした食育活動を支援するため、要請に応じて派遣しています。

  食育実践サポーターには、農林漁業者、酪農家、栄養士、野菜ソムリエなど、さまざまな分野の方が登録されています。

  「ふくしま食育実践サポーター」のご案内 [PDFファイル/432KB]

 

※派遣にかかる経費(報償費・旅費)は、県が負担します。

 

 

活用例

要請活動の例

   ・学校の授業(総合学習、保健体育、社会科等)への協力

   ・学校・幼稚園等の体験学習、施設見学の受け入れ

   ・公民館等における親子講座・親子料理教室等の講師

   ・地域団体・民間団体・公共団体等が主催するセミナー、研修会等の講師

 

活用する内容の例

   ・食の大切さについての講話を聞きたい

   ・調理実習の講師を探している

   ・地域に伝わる郷土料理について知りたい

   ・米・野菜・魚などがどのようにして産地から消費地に届くのか知りたい

   ・福島県産農林水産物の生産で行われている安心・安全の取り組みについて学習したい   など

 

派遣までの流れ

(1)活動申し込み

「サポーター活動申込書」に必要事項を記入のうえ、会津農林事務所にメールまたはFaxでお申し込みください。

活動内容によっては、事前に十分な調整が必要となりますので、活動予定日の1か月前までに、「サポーター活動申込書」を提出してください。

※サポーターの活動趣旨に沿わない活動や営利を目的とした活動要請は受けられません。

サポーター活動申込書 [Wordファイル/24KB]

 

(2)サポーターの決定

 農林事務所は、必要に応じて、具体的な要請内容について「申込者」に聞き取りを行い、希望に添うサポーターの対応が可能かどうかを確認し、その結果についてお知らせします。できる限り希望に添うことができるようにするため、サポーターが決定するまで、数回、連絡させていただく場合があります。

 ※日程等の都合により、ご要望に添えない場合もありますので、予め御了承願います。

 

(3)活動内容の打合せ

 「申込者」は、具体的な活動内容等について、サポーターと連絡調整を行います。

 

(4)活動の実施

「申込者」が要請した活動内容に基づき、サポーターが活動を行います。

なお、活動時は、活動風景の写真を撮影し、「活動報告書」を送付する際にに添付願います。

 

(5)活動実績の報告

「申込者」は、サポーターに要請した活動の終了後、14日以内に「活動報告書」を作成し、会津農林事務所に提出してください。

提出する際に、活動風景の写真も併せて送付してください。

活動報告書 [Wordファイル/20KB]

 

※注意事項

○県による活動経費の負担

  サポーター派遣に要する経費のうち、謝礼(報償費)及び交通費(旅費)については、県(農林事務所)が、予算の範囲内で負担します。

  ただし、それらの経費について「申込者」が自治体等の他の事業による助成等を受けている場合や、サポーターが受け取りを辞退した場合など、支出しない場合もあります。

 

○「申込者」が負担する経費

  サポーターの派遣に要する経費以外の活動経費については、「申込者」の負担となります。

  なお、体験活動にあたりましては、万が一の事故等に備え、保険等(レクリエーション保険やイベント共済等)への加入をお勧めします。

 

○その他

 その他、サポーターの派遣に関する相談や指導助言が必要な場合には、農林事務所にご相談ください。

 

「ふくしま食育実践サポーター」募集中!

 新たにサポーターになる(登録される)ための要件と登録の流れは、以下のとおりです。

 

○ サポーターの要件

 
要件1

県内に居住または勤務する者。ただし、この要件を満たさない場合であっても、サポーターとして県内に居住または勤務する者。ただし、この要件を満たさない場合であっても、サポーターとしての活動に支障が生じないと判断される場合は、この限りではない。

要件2

サポーターによる食育活動の趣旨を理解し、要請に応じてサポーターとしての活動を行うことに同意する者で、これを行うために必要な次の資格、経験等を持つ者。

栄養士、調理師、保健師、野菜ソムリエ等の食関係資格保持者、及び食生活改善推進員、保育士、教員、生活研究グループ員、農林漁業者、農林漁業団体の職員、市場関係者、食品製造業者等

要件3 サポーターを要請する際の参考となる、「氏名」「連絡先」「希望活動分野」等を整理した「サポーター登録名簿」を、県、県教育委員会、市町村、市町村教育委員会(学校含む。)等の機関へ配付することに同意する者。
要件4 サポーター活動を紹介する県ホームページに、個人情報を掲載することに同意する者(県ホームページに掲載する個人情報は、氏名、住所(市町村名のみ)、活動に関する情報とする。)
団体の要件 団体構成員のうち、サポーターとしての活動を行う者(個人)を特定することが可能であり、2名以上いること。

 

※詳しくは、以下の実施要領をご覧ください

  ふくしま食育実践サポーター制度実施要領 [PDFファイル/367KB]

 

※現在登録の「ふくしま食育実践サポーター」名簿はこちらです

  ふくしま食育実践サポーター名簿 [PDFファイル/513KB]

 

 

(1)登録の申込み

 サポーターの登録を希望する場合は、「ふくしま食育実践サポーター登録申込書」を作成し、会津農林事務所にお申し込みください。

登録申込書 [Wordファイル/22KB]

 

(2)登録と通知

 県は、登録申込書の内容から要件を満たしていることを確認した方をサポーターとして登録し、「申込者」に「ふくしま食育実践サポーター登録通知書」を送付します。

 サポーターの登録期間は、登録通知書の交付の日から、その年度の3月31日までとなりますが、サポーターとしての登録の抹消の申し出がない限り、次年度以降も自動的に登録が継続されます。

 

(3)登録内容の変更

 サポーターとしての登録内容に変更があった場合は、「ふくしま食育実践サポーター登録内容変更届」を会津農林事務所に送付してください。

登録内容変更届 [Wordファイル/22KB]

 

(4)登録の取消し

 登録の取り消しを希望する場合やサポーターとしてふさわしくない行為をした場合は、登録を取り消します。

 

 

申し込み・問い合わせ先

  福島県会津農林事務所 企画部

  Tel:0242-29-5369

  Fax:0242-29-5389

  Email:kikaku.af04@pref.fukushima.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。