ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農業総合センター > ラウンド農ふくしまWeb-センター通信-

ラウンド農ふくしまWeb-センター通信-

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月28日更新

センター通信への想い

 農業総合センターはどんなところかご存知でしょうか。「農業」という単語があるので、農業関係の施設だとはわかっても、
具体的にどんな所なのかはわからないという方も多いと思います。
 農業総合センターは、試験研究をはじめ、農業教育、食の安全確保の取組のほか、「開かれた試験研究機関」として、子どもたちの農業体験や食農教育、高齢者の生涯学習の機会の場を提供するなど、その業務は多岐にわたります。
 「より多くの方にセンターを知って欲しい!」そんな想いから、センターではどんな仕事、研究が行われているのか、どんな催しがあるのかを情報発信する場として、このページを作成しました。
 元々、『ラウンド農ふくしま』は、平成18年の開所以来、県民の皆様に向けた広報誌として発刊してきました。今後は、『ラウンド農ふくしまWeb』として、より多くの方に身近に感じてもらえるよう、時期にとらわれず、様々な情報を発信していきます。
 『ラウンド農ふくしま』の名前には、研究の創造、農業の持続と循環、そして交流の広がりが、“大きな輪に”つながる福島の農業をめざすという意味が込められています。『ラウンド農ふくしまWeb』になっても、この想いは変わらず、HPを通して、より多くの皆さんと“大きな輪”をつくっていきたいと考えています。 (令和2年9月14日)

試験研究・業務の紹介

 ・スマート農業 (令和2年10月)

センターの出来事

 ・子どもアグリ科学教室を開催しました。(令和2年10月)

 ・イモ掘り体験学習を行いました。(令和2年10月)

 ・農的楽しみセミナー「意外と知らない米づくり」を開催しました。 (令和2年10月)

 ・田んぼの学校で小学生が稲刈り体験! (令和2年10月)

 ・研究成果や業績が認められ、職員3名が各種表彰を受けました。 (令和2年9~10月)

 ・郡山市立赤木小学校の校外学習を受け入れました。 (令和2年9月)

 ・家庭菜園セミナーを開催しました。 (令和2年9月)

 

試験研究・業務の紹介

スマート農業

 皆さんは「スマート農業」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?
 スマート農業とは、農業にロボットやAI、インターネットなどの分野の先端技術を組み合わせた、最新の農業のスタイルです。農業総合センター企画経営部経営・農作業科では、このスマート農業を研究しています。

    収量コンバインでの収穫風景1   収量コンバインでの収穫風景2

 写真は南相馬市小高区で行った稲の刈取りの風景です。稲穂が整然と刈り取られていますが、実は操縦をしているのは就農から短い若手の農家さんなのです。このコンバインにはGPS(衛星測位システム)により、自動で直進や旋回を操作してくれる機能が搭載されているため、撮影当日もベテラン農家さんに引けを取らない腕前とペースで収穫ができていました。しかも、このコンバインの作業の記録や収穫したコメの収穫量は、クラウドサービスを通じて、いつでもインターネット上で確認することができます。
 このような技術によって、新たに就農する方の農業に対するハードルを下げたり、高齢の方でも負担が少ない農業経営を可能にし、農業の担い手不足を解消していくことがスマート農業の大きな役割の一つです。
 当科では、今回紹介したコンバインをはじめ、様々なスマート農業機器を多くの農家さんに取り入れたいと思っていただけるような、新しい農業の経営プランづくりを支援しています。
                                            【令和2年10月16日 企画経営部経営・農作業科】

センターの出来事

子どもアグリ科学教室を開催しました。

 小学生を対象とした『子どもアグリ科学教室』を10月17日(土曜日)に開催し、18名の児童がサツマイモ掘りと食べ比べを行いました。当日はあいにくの雨となってしまいましたが、カッパを着て、テントの下でサツマイモ掘りを体験。肌寒さにも負けずに、みんなお土産のサツマイモをたっぷりGETしました!
 サツマイモ掘り後は、(1)ゆでる、(2)焼く、(3)炊飯器で加熱する、(4)電子レンジで加熱するの4通りの方法で加熱したサツマイモの食べ比べを行い、どのサツマイモがどの方法だったのか、どれが美味しいかったかを確認し合いました。
 サツマイモが甘くなる理由などの説明を聞き、「なるほど、だからかぁ~」と芋の特性についても理解してもらえました。
 ちなみに、サツマイモの甘さを引き出すには、低温(60~70℃)でじっくり加熱するのがポイント!子どもたちには炊飯器で加熱したものが人気でした。この体験を通して、食や農業への理解と興味が一層深まって欲しいです。

子どもアグリ科学教室 芋掘りの様子 子どもアグリ科学教室 芋掘りする子ども 子どもアグリ科学教室 食べ比べの様子 子どもアグリ科学教室 食べ比べの様子2

                                                    【令和2年10月28日 企画経営部】

保育園児たちのイモ掘り体験学習を行いました。

 今年は、未就学児を対象とした「イモ掘り体験学習」を初めて開催し、10月16日は「こばと保育園」、20日は「どんぐり保育園」の園児達が参加しました。両日とも秋晴れの良い天気の中、2歳~6歳児の園児達が楽しみながら、サツマイモ掘りにトライしました。
 小さな園児にとってはサツマイモ1つを掘るのも大変で、保育士さん、保護者の皆さん、スタッフにも手伝ってもらいながら、一生懸命、小さな手で土をかき分け、サツマイモを掘りあげました。
 とれたサツマイモを持って喜んでくれている園児達もたくさんいました。土に触れ、農業に親しんだこの体験が園児達にとって忘れられない体験となれば嬉しい限りです。

 芋掘り1 芋掘り2 芋掘り3 芋掘り4

                                                  【令和2年10月28日 企画経営部】

農的楽しみセミナー「意外と知らない米づくり」を開催しました

 普段食べているお米がどんな風に作られるのかを実はよく知らない方も多いと思います。今回の農的楽しみセミナー第3回目(10月6日開催)はそんな大人の方向けのセミナーでした。最初に米作りの基本を学んでもらい、その後は実際に「稲刈り」と「はせがけ」を体験してもらいました。「稲を束ねるのが難しい」と悪戦苦闘されている方もいましたが、皆さん稲刈りの手際は良く、さすがでした。参加者の皆さんの中には子どもの頃にやったことがあるという方もいて、「稲を刈る『サッ、サッ』という音がいいね!」といって満足していただけたようです。さらに、稲刈り後は、品種の違うお米と1年前のお米、酒米の4種類のお米の食べ比べも実施。普段出来ない食べ比べにも挑戦し、米づくりやお米のことを知っていただけたようです。

農的楽しみセミナー 稲刈り座学 農的楽しみセミナー 稲刈りの様子 農的楽しみセミナー 稲刈りの様子2 農的楽しみセミナー 食べ比べの様子

                                                【令和2年10月8日 企画経営部】

田んぼの学校で小学生が稲刈り体験

 9月29日、青空の下、田んぼの学校(第3回目)を開催しました。
 毎年、当センター近くの高倉小学校の5年生に田植えや除草、稲刈りなどを体験してもらい、米づくりを通して農業や食の安全について学んでもらう食育活動です。
 鎌の持ち方や稲の束ね方などの指導を受け、みんなで一生懸命1枚の田の稲刈りに取り組んでもらいました。子ども達も初めての作業に楽しみながらも手作業の大変さを実感した様子でした。

      田んぼの学校での稲刈り風景1  田んぼの学校での稲刈り風景2  田んぼの学校での稲刈り風景3

                                                【令和2年10月8日 企画経営部】

研究成果や業績が認められ、職員3名が各種表彰を受けました

 全国又は東北の農業試験研究機関が所属する会などでは、研究の功績をたたえるほか、研究者の資質向上を目的に毎年度各種の表彰を行っています。今年は当センターの職員3名がこれまでの研究成果を認められ、受賞いたしました。
 新型コロナウィルスの感染防止対策のため、例年行われる表彰式等は開催されず、所内での授与となりましたが、3名の職員が受賞したことは大変喜ばしい出来事でした。職員一同、今回の受賞を励みに、これからも県民の皆様に役に立つ研究を進めてまいります。
 
  ◇令和2年度全国農業関係試験研究場所長会研究功労者表彰※1
   生産環境部長 三浦 吉則氏
   業績名:『水田からのメタン発生抑制のための稲わら処理に関する研究』
   ※1 全国農業関係試験研究場所長会に所属する試験研究機関に勤務し、顕著な業績を挙げた研究職員を表彰。

  ◇令和2年度藤原彰夫研究奨励賞※2
   生産環境部 環境・作物栄養科 松岡 宏明副主任研究員
   受賞課題:『東日本大震災からの復興のための除染後水田での地力回復技術の開発』
    ※2 東北土壌肥料協議会会員の中から土壌肥料に関する調査・研究などの活動で優れた業績を残し、かつ、今後活動が期待される研究者に授与される。

  ◇令和元年度東北農業試験研究協議会論文賞※3
   果樹研究所栽培科 南春菜副主任研究員、額田光彦専門員、木幡栄子主査(現 福島県環境保全農業課)
   受賞論文:『早期成園化と省力化を可能とする日本ナシの新一文字型樹形』

    ※3 「東北農業研究」の論文を対象に部会(専門)ごとに優れた論文の著者に授与される。今回が第1回目となる。
   
         受賞者三浦 受賞者 松岡 受賞者 南
                                          【令和2年10月5日 企画経営部】

郡山市立赤木小学校の校外学習を受け入れました。 

 農業総合センターでは各種の視察を受け入れており、小学生から大学生までの校外学習やインターンなどにも対応しています。9月24日は、郡山市内にある赤木小学校の3年生36名の校外学習を受け入れました。
 子ども達に農業総合センターがどんなところなのかや農業を知ってもらうため、センターの広いほ場を約1時間かけて回りながら、稲やキュウリ、いちご、トルコギキョウなどの栽培の様子や栽培に使う大きなトラクターなどを見学してもらいました。
 子ども達からは「わぁ~」「へぇ~」と大きな歓声が何度もあがっており、日頃食べているお米や野菜が出来る様子を楽しく学んでもらえたようです。中には野菜が育っている様子を初めて間近で見る子どもさんもいて、キュウリを触って「ちくちくする~」と喜んでいる様子が見られました。
 農作物づくりを試験研究で支えるセンターの役割についても、理解してもらえたようです。

赤木小視察の様子 熱心に話しを聞くこども達 赤木小視察の様子 お米を見る子ども達 赤木小視察の様子 きゅうりトンネルの中のこども達 赤木小視察の様子 花をみるこども達 
                                                 【令和2年9月28日 企画経営部】

家庭菜園セミナーを開催しました。  

 今年は、新型コロナの感染拡大防止のため、毎年開催していた『センターまつり』が中止となりましたが、県民の皆さんにセンターを身近に感じてもらえる機会をなんとか作りたい!ということで、規模は大幅縮小しましたが、皆さんの興味の高い「家庭菜園」に関するセミナーを開催しました(令和2年9月4日)。
 当日は、県内各地から100名近くの方々に参加していただきました。本当にありがとうございました。
 セミナーは2部制でセンター職員が講師となり、『家庭菜園~あなたはどのタイプ?~』ではタイプ別のオススメ品目を紹介したほか、『家庭菜園の土づくり』では、良い土がどんなものなのか、どうすれば良いかといったポイントをわかりやすく解説しました。
 皆さん熱心に聞いていただき、セミナーは大盛況でした。

                 家庭菜園セミナー 家庭菜園セミナーの様子
 
 センターでは、実際に植え付けなどを行いながら野菜づくりを学べる「農的楽しみセミナー」なども開催しています(今年度は野菜づくりは終了。ブル-ベリーの剪定を12月に開催予定)。興味のある方はイベントなどもチェックしてみてください。
                                               【令和2年9月14日 企画経営部】

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。