ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

先端プロ特集

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月21日更新

 食料生産地域再生のための先端技術展開事業(福島県)について

東日本大震災の被災地域を新たな食料生産地域として再生するため、岩手県、宮城県及び福島県内に「農業・農村型」の研究・実証地区を設け、先端的な農林水産技術を駆使した大規模な実証研究を実施しています。

                                       -平成29年度までの先端プロについてはこちら

社会実装促進業務委託事業(三県連携農業) 福島県拠点の紹介

 社会実装促進事業の概要

平成29年度までに実施した「食料生産地域再生のための先端技術展開事業」において、岩手県、宮城県および福島県で得られた実証研究成果を元にして3県で連携し、各研究成果の展示圃の設置や技術講習会・研修会の開催、技術マニュアル等の配布を通じて社会実装を促進します。

取組課題 

周年安定生産を可能とする花き栽培技術の実証研究

   ・電照栽培技術による小ギク生産 

   ・トルコギキョウを核とした花きの周年生産技術

       トルコギキョウ周年生産技術 

       夏秋トルコギキョウと低温開花性花きの組合せ周年生産

野菜栽培による農業経営を可能とする生産技術の実証研究

    ・UVBランプ利用による病害抑制技術

持続的な果樹経営を可能とする生産技術の実証研究

    ・ナシの早期成園化技術

持続的な畜産経営を可能とする生産・管理技術の実証研究

    ・性選別精液による定時人工授精技術

土地利用型営農技術の実証研究

    ・水稲乾田直播栽培技術

社会実装イメージ

活動状況について ~随時更新~

 

浜通り地域における水稲乾田直播セミナーを開催しました [PDFファイル/208KB]

第13回農業総合センターまつりでの活動報告 [PDFファイル/209KB]

いわきいちごセミナーで、UVBランプの研究成果紹介を行いました [PDFファイル/141KB]

アグリビジネス創出フェアに出展しました [PDFファイル/235KB]

中通り地方花き研修会において、小ギクの電照栽培についての紹介を行いました [PDFファイル/158KB]

・カンパニュラ等低温開花性花きの振興について意見を交わしました [PDFファイル/286KB]

 

研修受け入れ、講師派遣について

上記技術についての視察受け入れや、講師派遣については、下記にお問い合わせください。

 Tel:024-958-1700、Fax:024-958-1726

 E-mail: nougyou.jouhou@pref.fukushima.lg.jp 

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。