ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 6次産業化

ふくしま6次化情報Station

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月10日更新

新着情報

(2019年12月10日)「ふくしま発宇宙日本食開発セミナー」の開催について

郡山市中央公民館において日本大学主催による「ふくしま発宇宙日本食開発セミナー」が開催されます。関連業種の方、これから業務としてお考えの方にお勧めです。参加・名刺交換会ともに無料ですので、是非御応募ください。

1 開催日時等
(1)日時
   令和元年12月20日(金曜日)13時00分~
(2)場所
   郡山市中央公民館第2講義室(郡山市麓山1丁目8−4)

2 参加料
  無料(名刺交換会も無料)

3 プログラム
(1)開会挨拶
(2)福島県農林水産業の再開と風評払拭対策について
   復興庁福島復興局 次長 森山信弘
(3)宇宙日本食認証制度のご紹介
   国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 須永彩
(4)宇宙飛行での人体の変化
   日本大学医学部社会医学系衛生学分野 教授 岩崎賢一
(5)福島県産の果物を用いた加工食品の開発
   国立大学法人福島大学果樹園芸学教室 准教授 高田大輔
(6)質疑応答・名刺交換会

応募方法等の詳細は、下記ホームページ(日本大学工学部校友会)を御確認ください。
http://www.nichidai-ce-koyukai.com/news/191202_space-foods-seminar.html

募集チラシ [PDFファイル/135KB]

(2019年11月25日)「第4回食べて応援しよう!in仙台」の開催及び出店者募集について

 東北農政局では、東日本大震災の被災地支援の一環として、東北地域の震災からの復興、農林水産物の風評払拭を目的としたイベント「第4回食べて応援しよう!in仙台」を令和2年3月14日(土曜日)と15日(日曜日)に開催します。
これに伴い、岩手県、宮城県及び福島県の農林漁業者及び食品事業者等が農林水産物や加工食品などを販売する場の提供や被災地復興に理解を深めるイベント「第4回食べて応援しよう!in仙台」を開催し、被災地の復興を支援します。
また、本趣旨に御賛同いただける出店者を下記のとおり募集します。

1 イベント開催日時等
(1)日時
   令和2年3月14日(土曜日)10時00分~16時00分
               3月15日(日曜日)10時00分~15時00分
(2)場所
   勾当台公園市民広場(宮城県仙台市青葉区)
(3)内容
  ア 農林水産物及び加工食品の販売
  イ スタンプラリー参加者への米の無償配布
  ウ 東北の「食」や「農」を応援するステージ  等

2 出店者募集について
(1)募集出店者数
   約50店(出店無料・オプション等有料)
(2)応募期間
   令和元年11月19日(火曜日)~12月20日(金曜日)当日消印有効
(3)応募方法等
   応募資格、応募方法等の詳細は、下記東北農政局ホームページ及び出店者募集要項を御確認ください。
   http://www.maff.go.jp/tohoku/press/keiei/syokuhin/191119.html
   ・出店者募集要項 [PDFファイル/598KB]
   ・出店者募集チラシ [PDFファイル/327KB]

 【問合せ先】
  「食べて応援しよう!in仙台」実行委員会事務局(東北農政局 経営・事業支援部 地域食品課)
  電話022-221-6403(平日9時00分~17時00分、土日祝日除く。)

(2019年11月15日)「コメ海外市場拡大戦略プロジェクト」における令和2年産米輸出推進マッチングイベント(仙台会場)の開催について

東北農政局では、海外ニーズに対応した輸出拡大を目指し、令和2年産米の輸出推進に向けて輸出に取り組むことを希望している産地と輸出事業者との結びつけを推進するためのマッチングを開催します。

1 開催日及び場所
  開催日:令和元年12月3日(火曜日)10時30分~17時00分
  場所:仙台合同庁舎A棟7階会議室(宮城県仙台市青葉区本町三丁目3番1号)
2 参集範囲
  戦略的輸出基地(産地)、戦略的輸出事業者、コメ輸出に関心がある農業者等
3 開催内容
(1)説明・講演(10時30分~12時15分)
 (ア)農林水産省からの説明(米輸出をめぐる状況等)
 (イ)実需者・輸出事業者からの講演(海外において高まる日本産米ニーズの状況等)
 (ウ)関係機関からの講演(低コスト稲作技術及び輸出にあたっての情報収集等)
(2)産地と輸出事業者とのマッチング(個別相談会)(13時15分~17時00分)

申込方法等の詳細は、下記の東北農政局ホームページ及び募集チラシを御確認ください。
http://www.maff.go.jp/tohoku/press/sinko/191108.html
募集チラシ [PDFファイル/172KB]

(2019年11月7日)ふくしまベストデザインコンペティション2019-20の開催について

福島県では、県産品のパッケージングデザイン等の向上による商品力強化を目的に、「パッケージデザイン」、「ネーミング」、「商品企画」へのデザインの活用を図り、消費者への訴求力の高い商品を創出するため、優れたデザインを表彰するコンテスト「ふくしまベストデザインコンペティション」を実施します。
1 グランプリ奨励金 30万円
2 申込期間 令和元年10月23日(水曜日)~12月16日(月曜日)(必着)
応募資格、申込方法等の詳細は、募集チラシを御確認ください。
募集チラシ [PDFファイル/1MB]
【問合せ先】ふくしまデザインコンペティション事務局(電話 024-531-1371)

(2019年11月7日)ふくしまクリエイターズバンク参加事業者の募集について

福島県では、県産品のパッケージデザイン等の向上による商品力強化を目的に、「パッケージ」、「ネーミング」、「企画アイディア」等へのデザイン活用を図り、消費者に伝わる訴求力の高い商品の創出や効果的な販路開拓に繋げるため、クリエイターと県内事業者とのマッチングによる新たなパッケージデザイン等の開発やブランディングを支援します。
1 支援金 対象事業費の半額(最大10万円)
2 申込期間 令和元年7月29日(月曜日)~11月29日(金曜日)
3 募集予定人数 10名程度(先着順)
事業内容、申込方法等の詳細は、募集チラシを御確認ください。
募集チラシ [PDFファイル/1.52MB]
【問合せ先】ふくしまクリエイターズバンク事務局(電話 024-531-1371)

(2019年11月7日)令和元年度食料産業・6次産業化交付金(国庫)に係る追加募集(第2回)のお知らせ

令和元年度食料産業・6次産業化交付金(国庫)の追加募集(第2回)をしておりますので、事業実施について要望がある場合は、事業実施計画書を提出してください(受付期限:11月29日(金曜日))。

なお、事業により県担当窓口が異なりますので御注意ください。

詳細は、下記ホームページを御確認ください。

https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/36035a/foodrelatedgrant-r1-2.html

(2019年11月5日)令和元年度地域産業6次化ステップアップ強化事業の4次募集について

福島県では、県産農林水産物を活用した6次産業化や2次産業、3次産業との異業種間連携等を推進させるため、農林漁業者等が異業種と密接に連携して行う競争力ある新商品開発や自らが新商品の製造に取り組む体制づくりを支援し、もって本県地域産業の活性化に役立てることを目的として補助金交付事業を実施します。

詳細は下記ホームページをご覧ください。

https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/36035a/stepup31-4.html

(2019年10月31日)英国のEU離脱による農林水産分野の相談窓口の設置について

農林水産省より案内がありましたので、以下のとおりお知らせします。

この度、英国のEU離脱(Brexit)による農林水産分野への影響が懸念されるところ、農林水産省では相談窓口を設置いたしましたので、お知らせいたします。

相談窓口のHPは以下のとおりです。

http://www.maff.go.jp/j/kokusai/Brexit/brexit_q.html

相談窓口では、農林水産業従事者様や食品関連産業関係者様に対して、Brexit前に英国政府の対応状況に関する情報提供を行うほか、Brexit後に発生する問題への対応を行うため、個々の事業者様からのご相談を受け付けます。

相談を受けた場合、当省は、JETRO等の関連機関の協力も得て、関連情報を提供するとともに、対応方策を提示します。

また、必要に応じて英国政府に対して働き掛けを行います。

相談を希望される方は、メール、電話、ファックス又は郵送にて次の窓口に御連絡ください。

 ・(資料)英国のEU離脱について [PDFファイル/139KB]

(資料)日英間の関税率 [PDFファイル/110KB]

--【相談窓口】--------------------------------------------------

農林水産省

〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1

大臣官房国際部 国際地域課 欧州班

電話:03-3502-5929

Fax:03-5511-8773

メール:nousui-Brexit@maff.go.jp

HPリンク:http://www.maff.go.jp/j/kokusai/Brexit/brexit_q.html

----------------------------------------------------------------

(2019年10月9日)令和元年度あいづ“まるごと”ネット第2回交流会の開催について

☆『あいづ“まるごと”ネット』とは?

会津・南会津の地域産業を活性化させるために、農林水産加工品(地域産業6次化商品)づくりに取り組まれている方々の支援をしております。

地域や地域外の農林水産業に携わる方や製造・小売・飲食・観光・消費者等様々な人びとの交流の場として、ネットワークづくりやバリエーション豊かな職種の繋がりづくり、広域連携による新たな産業創出のため、年3回の交流を企画運営しております。(その他:月2回程度情報配信、テスト販売会など実施)

☆今回の目玉!!

 ◎ 会津の特色ある地域産品について知って欲しい♪ 会員になっていない方、一般の消費者、どなたでも興味がありましたら、ご参加ください☆彡

1 日時 令和元年11月19日(火曜日)13時15分~16時30分

2 場所 福島県ハイテクプラザ会津若松技術支援センター 多目的ホール1・2

3 申込期限 令和元年10月31日(木曜日)

お申し込み、詳細はチラシをご覧ください。

第2回交流会チラシ兼申込書 [Wordファイル/439KB]

(2019年10月17日)「農林水産物・食品輸出促進緊急対策事業のうち輸出環境整備緊急対策推進事業」の公募開始について

10月10日付けで、令和元年度の30補正予算に基づく補助事業「農林水産物・食品輸出促進緊急対策事業のうち輸出環境整備緊急対策推進事業」の公募が開始されたことについて、東北農政局より案内がありましたので、以下のとおりお知らせします。

 輸出環境整備事業において、輸出拡大の阻害要 因を解消するための実証等の取組を支援するもので、複数か月分の商品をロットをまとめて輸出を行うなどにより、物流上等の課題を解決するための実証を行うなどの取組に活用可能です。

 詳細については、以下のURL(農林水産省のホームページ)をご覧ください。

http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/shokusan/191010_1.html

 【公募期間】

 令和元年10月10日~10月21日

 【課題提案書提出期限】

  令和元年10月21日 17時00分必着

 【公募に係る説明会】 

 日時:令和元年10月15日(火曜日)13時30分~14時30分

 場所:農林水産本省(東京都千代田区霞が関1-2-1)

 食料産業局第1会議室(本館6階ドアNo.本632)

 【問い合わせ先】

 農林水産省食料産業局輸出促進課

 03-3502-8111(内線4310

(2019年10月2日)令和元年度「ふくしま6次化創業塾」塾生を募集しています

【新たに6次化に取り組んでみたい!今の6次化をさらに発展させたい!6次化を支援するスキルを高めたい!という方へ】

「ふくしま6次化創業塾」では、付加価値の高い商品開発からマーケティングなどの販売手法、スタッフ育成まで、6次化初心者の方から、地域のリーダーとして活躍する方まで幅広くご参加いただける講座をご用意しております。実践者による事例紹介や先進事例視察など、魅力的な内容が満載となっておりますので、ぜひご参加ください。
10年目を迎える今年も、農林水産物の加工・販売に取り組む、意欲ある方々を応援します!

受講申し込み期限は【令和元年10月16日(水曜日)先着順】までとなっております。申し込みは下記URLより。
 ○期間:令和元年10月23日~令和2年2月上旬(全8回講義)
 ○会場:福島県男女共生センター、福島県農業総合センター(本部・農業短期大学校) など

詳細については、下記ホームページをご確認ください。
<農産物流通課HP>
http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/36035a/sogyojuku01.html

<リーフレット> [PDFファイル/2MB]

(2019年9月27日)「スーパーマーケット・トレードショー(Smts) 2020」及び「Foodex Japan 2020」福島県ブースの出展募集について

福島県では、県産品の風評払拭と販路の回復や開拓・拡大を図るため、大型食品展示会である「スーパーマーケット・トレードショー(Smts)2020」及び「Foodex Japan 2020」に福島県ブースを出展し、県内事業者の販路拡大を支援します。

1 開催日程等
(1)スーパーマーケット・トレードショー(Smts) 2020
  開催日 令和2年2月12日~14日
  会 場 幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
  主 催 一般社団法人全国スーパーマーケット協会
(2)Foodex Japan 2020
  開催日 令和2年3月10日~13日
  会 場 幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
  主 催 一般社団法人日本能率協会

2 福島県ブース出展料(上記(1)、(2)のいずれかへの出展)
  50,000円(電気・水道、標準仕様以外の備品等は別に負担が必要)

3 応募方法等
  詳細は、出展事業者募集要領を御確認ください。
  募集期限:令和元年10月4日(金曜日)17時00分まで(福島県県産品振興戦略課宛)

 出展事業者募集要領 [PDFファイル/251KB]

 福島県ブース出展申込書 [Wordファイル/30KB]

 (2019年9月17日)令和元年度地域産業6次化ステップアップ強化事業の3次募集について

福島県では、県産農林水産物を活用した6次産業化や2次産業、3次産業との異業種間連携等を推進させるため、農林漁業者等が異業種と密接に連携して行う競争力ある新商品開発や自らが新商品の製造に取り組む体制づくりを支援し、もって本県地域産業の活性化に役立てることを目的として補助金交付事業を実施します。

詳細は下記ホームページをご覧ください。

https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/36035a/stepup31-3.html

(2019年9月11日)『原料原産地表示制度事業者向けマニュアルの活用に関するセミナー』の開催について

平成29年9月に食品表示基準の一部が改正され、国内で作られたすべての加工食品に原料原産地表示を行うことが必須となっています(経過措置期間は令和4年3月末まで)。
農林水産省では、同制度の概要および対応のポイントをまとめた事業者向け活用マニュアルの内容を解説するセミナーを、福島県内で開催します。
1 日時
 令和元年11月26日(火曜日) 13時30分~16時30分
2 場所
 福島テルサ大会議室3Fあぶくま(福島市上町4-25)
3 対象者等
 食品関係事業者等(80名・先着順)
4 申込方法等
 申し込み方法等の詳細は、下記ホームページをご確認ください。
  MS&Adインターリスク総研株式会社ホームページ(事務局)
  https://www.irric.co.jp/event/190726/index.php

(2019年9月11日)JAS認証支援の補助事業(3次公募)について

農林水産省では、農林水産物・食品の輸出拡大と食産業の海外展開を促進するため、輸出/海外展開をお考えの事業者様へJAS認証支援の補助事業を実施します。
1 公募期間(3次公募)
 令和元年9月4日(水曜日)~10月4日(金曜日)
2 対象費用
 認証審査費用、研修受講費用、旅費等(上限120万円)
3 応募方法等
 応募方法等の詳細は、下記ホームページをご確認ください。
  農林水産省ホームページ
  http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/shokusan/190904_1.html

  事業公募チラシ [PDFファイル/488KB]

(2019年9月6日)地域産業6次化ビジネスモデル推進事業の募集について

福島県では、各地域の生産者(団体)と県内の加工業者や旅館業、観光業、大学等の多様な主体で構成された団体(コンソーシアム)が行う、主力農林水産物や振興作物・特産品等を活かした新商品や新サービスの開発・創出の取組等に対する補助を実施し、地域産業6次化をリードするビジネスモデルの創出を推進することを目的として、補助金交付事業を実施します。

1 募集期間

 令和元年9月6日(金曜日)から令和元年9月30日(月曜日)まで(必着)

2 対象事業

 次の(1)から(5)の取組を行う事業実施主体を補助するものとし、(1)の取組は必須、(2)から(5)の取組は(1)の取組に関連したものとします。
(1)各地域の主力農林水産物や振興作物・特産品等を活かした新商品や新サービスの開発
(2)新商品や新サービスのテスト販売
(3)生産者とバイヤーとのマッチング
(4)生産者等と消費者の交流支援
(5)その他本事業の実施に必要な取組

 ※ 事業期間は交付決定日から最長で令和2年3月31日(火曜日)までです。

3 補助率

 定額(1件当たりの補助上限1,500千円)

詳細については、下記ホームページを御確認ください。

https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/36035a/r1buisinessmodel.html

(2019年9月5日)令和2年度食料産業・6次産業化交付金の要望調査について

食料産業・6次産業化交付金は、農山漁村の活性化等を目的として、農林漁業者等が2次及び3次産業者と連携しながら行う6次産業化の取組等を支援するものです。

県では令和2年度当初予算の所要額を把握するために、要望を調査しますので、該当する場合は令和元年9月27日(金曜日)までに、農産物流通課のメールアドレス(ryutsu.aff@pref.fukushima.lg.jp)宛に回答願います。

詳細については、下記ホームページをご確認ください。
https://www.pref.fukushima.lg.jp//sec/36035a/fy02foodsubsidinvest.html

(2019年9月3日)オーガニックふくしまマルシェの開催について

県では2020年東京オリンピック野球・ソフトボール競技の県内開催に伴い、来県する外国人観光客等に向け、付加価値の高い県産オーガニック農産物の利用を促進するためオーガニックふくしまマルシェを開催いたします。
つきましては、この機会に情報収集や商談の場所としてご活用ください。

1 日時 令和元年9月18日(水曜日)10時00分~16時00分

2 場所 ビッグパレットふくしま 多目的展示ホールA

詳細については、下記ホームページをご確認ください。
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/36021d/organic.html

(2019年8月28日)地方農政局等によるタイ向け青果物の選別及び梱包施設に係る証明希望者の公募について

地方農政局等によるタイ向け青果物の選別及び梱包施設に係る証明希望者の公募について、東北農政局より案内がありましたので、以下のとおりお知らせします。

個別に選別・梱包を行う農業経営者向けに、タイ向け青果物輸出に必要な証明書(食品衛生の観点からの、選果・梱包を行う施設でタイの基準に適合する証明書)を、地方農政局等(地方農政局、北海道農政事務所及び沖縄総合事務局)が発行します。

詳細については、以下のURLを御参照ください。

http://www.maff.go.jp/j/shokusan/export/Tai.html

(2019年8月26日)ご存じですか?~労働基準法の適用について~

農漁業とあわせて加工・販売などの6次産業化に取り組む皆さまへ

農漁業において労働者を雇う場合は労働基準法が適用されます。適用される規定は、農漁業だけ含む場合と6次産業化の場合で異なる場合がありますので、注意が必要です。

働き方改革関連法の施行により、2019年4月から、順次新たな制度が導入されます。
詳細は、下記パンフレットを御覧ください。

6次産業化に取り組む農漁業者向け周知チラシ(令和元年7月版) [PDFファイル/894KB]

各都道府県労働局問合せ先一覧(2019年6月21日現在) [PDFファイル/146KB]

(2019年8月15日)【無料・申込不要】来たれ高校生!郡山市・福島大学連携による公開授業の募集について

郡山市より以下のとおり公開授業の募集案内がありましたので、お知らせします。

1 開催日時
    画像・環境モニタリングで栽培管理!?「画像分析で切り拓く郡山市の新たな農業」
  8月20日(火曜日) 14時00分~16時00分

2 会場
  郡山市役所 本庁舎2階 特別会議室(郡山市朝日一丁目23-7)

3 対象者
  高校生、農業者、食品関連事業者、一般の方など どなたでも参加できます。

4 参加料
  無料(事前申込不要)

 ※詳細は募集チラシをご確認ください。募集チラシ [PDFファイル/780KB]

(2019年8月1日)令和元年度食料産業・6次産業化交付金(国庫)に係る追加募集のお知らせ

令和元年度食料産業・6次産業化交付金(国庫)の追加募集をしておりますので、事業実施について要望がある場合は、令和元年8月19日(月曜日)までに事業実施計画書を提出してください。

なお、事業により県担当窓口が異なりますので御注意ください。

詳細は、下記ホームページを御確認ください。

https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/36035a/foodrelatedgrant-r1-1.html

(2019年8月1日)令和元年度地域産業6次化ステップアップ強化事業の2次募集について

福島県では、県産農林水産物を活用した6次産業化や2次産業、3次産業との異業種間連携等を推進させるため、農林漁業者等が異業種と密接に連携して行う競争力ある新商品開発や自らが新商品の製造に取り組む体制づくりを支援し、もって本県地域産業の活性化に役立てることを目的として補助金交付事業を実施します。

詳細は下記ホームページをご覧ください。

https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/36035a/stepup31-2.html

(2019年7月31日)令和元年度6次産業化優良事例表彰募集のお知らせ

農林水産省及び6次産業化推進協議会では、6次産業化に取り組む農林漁業者等を全国的な視点で支援するため、6次産業化の事例を収集し、外部有識者による審査を経て選定した優良事例を「6次産業化アワード」において表彰しています。

大臣賞受賞者は、翌年度の農林水産祭(天皇杯等)に参加することができます。
また、自薦・他薦を問わず、過去にエントリーし、受賞に至らなかった方もその後の進展した取組で再度応募することができます。 

「6次産業化アワード」の締め切りは8月23日までとなっております。
詳細については、事務局ホームページを御確認ください。

1 募集期間
  令和元年6月24日(月曜日)から8月23日(金曜日)まで

2 募集対象
  農林漁業者またはその組織する6次産業化や農商工連携に主体的に取り組んでいる団体

3 募集方法
  応募条件・方法等の詳細は下記のホームページをご覧ください。
  https://www.e-toroku.jp/6jika_gpa_r01/

  昨年度までの受賞実績はこちら
  http://www.maff.go.jp/j/shokusan/renkei/6jika/good_practice_awards.html

4 お問い合わせ先
  6次産業化推進協議会 事務局 電話:03-3281-0780
  食料産業局 産業連携課 電話:03-3502-8246

(2019年7月29日)ディスカバー農村漁村の宝(むらのたから)募集のお知らせ

農林水産省では、内閣官房と連携し、「強い農林水産業」、「美しく活力ある農村漁村」の実現のため、「ディスカバー農村漁村の宝(むらのたから)」(第6回選定)の優良事例を、令和元年7月1日から9月2日まで募集しています。

詳細については、以下のURLを御確認ください。

(「ディスカバー農村漁村の宝」特設ホームページ)

https://www.discovermuranotakara.com/

募集概要(リーフレット) [PDFファイル/2月29日MB]

第6回選定応募要領 [PDFファイル/1.53MB]

(2019年7月11日)6次産業化の取組事例集について

農林水産省では、六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画の認定を受けた事業者の事例等の中から、特に特徴的な取組165件を抜粋して取りまとめた事例集(平成31年2月)を作成しています。
福島県内の取組事例も紹介されていますので、事業の御参考としてください。
内容は下記農林水産省ホームページから確認ができます。

(農林水産省HP)
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/renkei/6jika/torikumi_jirei/jireisyu.html

(2019年7月1日)令和元年度6次産業化勉強会の開催について

東北農政局では、六次産業化法認定事業者等の方々に対する支援の一環として、6次産業化勉強会を開催しています。

今年度は「Haccpに沿った衛生管理と食品表示を学ぼう」をテーマに、以下のとおり勉強会を開催しますので、積極的に御参加ください。

○開催日時:平成31年7月18日(木曜日) 13時30分~17時00分

○開催場所:仙台合同庁舎B棟2階 共用第一会議室 (仙台市青葉区本町3-3-1)

○対象者:六次産業化・地産地消法認定者、食品衛生管理や食品表示に関心のある方等

○勉強会内容(13時30分~15時30分)

 1.食品衛生法等の一部改正について

 2.Haccpに沿った衛生管理の導入事例について

 3.食品の表示について

○個別相談会(15時30分~17時00分)

 個別相談会終了後、希望者を対象にHaccp導入に関する個別相談会を行います。

 ※事前申込が必要です。

 詳細については、以下のURLを御確認ください。

 http://www.maff.go.jp/tohoku/press/keiei/renkei/190625.html

 また、申し込みについては、以下のURLまたは添付チラシの裏面の参加申込書で申し込みください。

  https://www.contactus.maff.go.jp/j/tohoku/form/keiei/renkei/190625.html

 チラシ [PDFファイル/500KB]

(2019年6月27日)「Haccp伝道師養成研修」について

農林水産省では、「食品の品質・安全管理サポート事業」(補助事業)により、6次産業化等に取り組む農林漁業者等に衛生管理の普及を即戦力で支援するための指導者を養成する「Haccp伝道師養成研修」を実施することとしており、この度、研修の案内が公表されましたので、お知らせします。

詳細につきましては、下記ホームページを御確認ください。

(Haccp伝道師養成研修の受講者募集について(東京サラヤHP))
http://pro.saraya.com/sanitation/haccp-training/dendoshi/index.html

(2019年6月27日)6次産業化に取り組む農林漁業者等をサポートする機関の設置について

東北農政局ホームページにおいて令和元年度の設置状況が公表されていますので、お知らせします。
http://www.maff.go.jp/tohoku/seisan/6zi_sangyo/osirase/120726_sc_setti.html

東北地域の各県に設置されたサポート機関では、6次産業化に取り組む農林漁業者等の相談に応じて、民間の専門家等の支援人材を派遣し、新商品開発・販路拡大のアドバイスや六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画の認定申請に向けた支援から認定後の具体的な事業化へのフォローアップまで、一貫したサポート活動を行っています。
また、県のサポート機関では対応が難しい広域的な取り組みなどを支援するため、農林水産省では全国域でサポートする機関を設置し、県のサポート機関等と連携したサポート活動を行っています。
ご利用は無料ですので、お気軽にご相談ください。

<県域において農林漁業者等の取組をサポートする機関(福島県)>
ふくしま地域産業6次化サポートセンター(福島県中小企業団体中央会)
〒960-8053 福島県福島市三河南町1番20号(コラッセふくしま10階)
Tel:024-533-8031 Fax:024-533-8033

<全国域において広域的な視点で取組をサポートする機関>
6次産業化中央サポートセンター(株式会社パソナ農援隊内)
〒100-8228 東京都千代田区大手町2-6-2
Tel:03-3548-8333
Mail:info@rokusapo.com

また、上記農林漁業者等をサポートするほかに、福島県では農林漁業者等以外の方の6次産業化等の取組もサポートしていますので、福島県中小企業団体中央会(上記連絡先)に御相談ください。

(2019年6月21日)オーガニックふくしまマルシェにおける商談会への出展募集について

県では、県内飲食店等での付加価値の高い県産オーガニック農産物の利用促進及び消費拡大を図るため、福島県主催で商談会や啓発セミナー等を開催します。
つきましては、下記により商談会への出展者を募集しますので、ご応募ください。

1 イベント名
  ふくしまオーガニックマルシェ

2 日時 
  令和元年9月18日(水曜日)10時00分~16時00分

3 場所 
  ビッグパレットふくしま 多目的展示ホールA

4 出展募集対象者
  県内の有機JAS認証事業者(同等栽培含む。加工含む)、環境にやさしい農業(特別栽培等)実践者で、販路開拓・拡大を目指す事業者、組織。 ※10ブース程度

5 出展料 
  無料

6 募集期間
  令和元年7月5日(金曜日)まで

※詳細は、出展者募集チラシをご確認ください。 募集チラシ [PDFファイル/1月16日MB]
※スマートフォン申込フォーム:https://organic-fukushima.com

(2019年6月19日)【参加無料】令和元年度福島県貿易促進協議会輸出戦略セミナ-について

福島県貿易促進協議会より以下のとおりセミナーの募集案内がありましたので、お知らせします。

1 開催日時
  令和元年7月12日(金曜日) 
  13時30分 ~14時45分  「世界の最新食品トレンド」~これを知らずに世界で戦えない~
             講師 Innova Market Insights社 日本カントリーマネージャー 田中 良介 氏
  15時00分 ~16時00分  名刺交換会

2 会場
  南東北総合卸センター協同組合 第7会議室(郡山市喜久田町卸1丁目1-1)

3 参加料
  無料(定員の50名になり次第、申し込みは終了となります)

※申込方法など、詳細は募集チラシをご確認ください。 募集チラシ [PDFファイル/545KB]
                                                     参加申込書 [Wordファイル/35KB]

(2019年6月14日)【無料・申込不要】郡山市・福島大学連携による公開授業の募集について

郡山市より以下のとおり公開授業の募集案内がありましたので、お知らせします。

1 開催日時

 食物は成分の総和以上!「フードマトリクスという新しい視点」
 (1) 6月28日(金曜日) 18時00分~20時00分

 画像・環境モニタリングで栽培管理!?「画像分析で切り拓く郡山市の新たな農業」
 (2) 8月20日(火曜日) 14時00分~16時00分

 イノシシ対策!獣「害」を獣「益」に!「地域を元気にする獣害対策」
 (3) 11月29日(金曜日) 18時00分~20時00分

2 会場
  郡山市役所 本庁舎2階 特別会議室(郡山市朝日一丁目23-7)

3 対象者
  農業者、食品関連事業者、一般の方など どなたでも参加できます。

4 参加料
  無料(事前申込不要)

※詳細は募集チラシをご確認ください。 募集チラシ [PDFファイル/1月01日MB]

※募集を締め切りました※(2019年6月6日)国内外オンラインショップ等での商品の発送梱包研修会の募集について

※本研修会は定員に達したため募集を締め切りました

(公財)福島県観光物産交流協会より国内外オンラインショップ等での『商品の発送梱包研修会』の募集案内がありましたので、お知らせします。

開催日時 令和元年7月9日(火曜日)13時30分~15時30分(受付13時00分~)

会  場 ビッグパレットふくしま 3階 研修室(郡山市南二丁目52番地)

定  員 50名(定員となったため締め切りました)

締  切 令和元年6月28日(金曜日)

講  師 石島次郎 氏 (ペガサスグローバルエクスプレス EC事業部 課長代理)

講習内容 

●通信販売での梱包の工夫 ●国内発送の梱包方法

●海外発送の梱包方法           ●通信販売における物流コストの重要性  ●質疑応答

※応募方法は添付の募集チラシをご確認ください。募集チラシ [PDFファイル/623KB]

(2019年5月23日)売れる“6次化商品”づくりを支援します!「ふくしま満天堂」参加事業者を募集しています。

県では、6次化商品の商品力向上及び販路拡大に地域一丸となって取り組むため、平成29年度より「ふくしま満天堂」ブランドを立ち上げました。

3年目となる本年も、県内外での6次化商品のテストマーケティングを実施するとともに、県外バイヤー、消費者評価等を踏まえた商品の改良や販路開拓へ向けた取組を支援します。

詳しくは、http://cms.pref.fukushima.lg.jp/sec/36035a/mantendo30.htmlをご覧ください。 

(2019年5月15日)福島県輸出回復緊急対策事業(輸出補助金)の募集を開始しました。

輸出を志向する農林漁業者の皆さんの海外販路拡大等の活動を支援します。

詳しくは、http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/36035a/of-02.htmlをご覧ください。

(2019年5月14日)タイ向け輸出に係る日本産りんご、日本なし、もも、さくらんぼ、かき、キウイフルーツ、いちご、ぶどう及びなすの生果実の生産園地及び選果こん包施設の登録について

農林水産省より、以下のとおり通知がありましたのでお知らせします。

 (経緯)

タイは、2007年、同国の植物防疫法に係る規則を改正し、

(1)生果実等の多くの植物を輸入禁止品として指定して、品目ごとに病害虫の侵入リスクに応じた植物検疫条件を新たに設定した上で輸入解禁することとし、

(2)規則の改正前に輸入実績のあった品目について、新たに植物検疫条件を設定するまでの間は暫定的に輸入を認めることとしました。

タイへの輸出実績がある13品目(注)の生果実について、病害虫リスト等のリスク評価に必要な情報をタイに提出し、植物検疫条件の協議を実施してきました。

(注)りんご、日本なし、もも、さくらんぼ、かき、キウイフルーツ、いちご、ぶどう、なす、メロン、すいか、きゅうり及びトマト

タイは、2019年5月10日までに、「りんご」、「日本なし」、「もも」、「さくらんぼ」、「かき」、「キウイフルーツ」、「いちご」、「ぶどう」及び「なす」の生果実について、新たな植物検疫条件の設定に係る規則を施行しました。これを受け、これらの品目を輸出するためには、生産園地及び選果こん包施設の登録が必要となります。

(生産園地及び選果こん包施設の登録について)

タイ向けに「りんご」、「日本なし」、「もも」、「さくらんぼ」、「かき」、「キウイフルーツ」、「いちご」、「ぶどう」及び「なす」の生果実を輸出する生産者や生産者が属する生産者団体等及び選果こん包施設の責任者は、別紙に基づき、都道府県を通じて、その都道府県を管轄する植物防疫(事務)所に登録申請を行うようにお願いします。

2019年は、次の締切日ごとに取りまとめて登録作業を行います。締切日:5月15日、5月31日、6月30日、9月30日及び12月31日。

2020年以降は、毎年4半期ごと(3月31日、6月30日、9月30日及び12月31日))の締切日に登録作業を行います。

詳細については、以下のURL(農林水産省のホームページ)をご覧ください。

(農林水産省HPのアドレス)

http://www.maff.go.jp/pps/j/search/attach/thai_apple_strawberry.html

(問い合わせ先)

福島県環境保全農業課  電話 024-521-7453

福島県農産物流通課   電話 024-521-8041

(2019年4月15日) 平成31年度地域産業6次化ステップアップ強化事業の募集について

福島県では、県産農林水産物を活用した6次産業化や2次産業、3次産業との異業種間連携等を推進させるため、農林漁業者等が異業種と密接に連携して行う競争力ある新商品開発や自らが新商品の製造に取り組む体制づくりを支援し、もって本県地域産業の活性化に役立てることを目的として補助金交付事業を実施します。

詳細は下記ホームページをご覧ください。

https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/36035a/stepup31.html

(2018年9月3日)  ふくしま6次化情報ステーションの今後の運営について

    ふくしま6次化情報ステーション(www.6jika.com)は平成30年10月1日をもって、県の公式Webサイトへ移行します。

  本ページhttps://www.pref.fukushima.lg.jp/site/6jika/のお気に入り登録をお願いします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。