ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ふくしまをデザインする

掲載日:2019年2月28日更新

福島県には魅力的な商品がまだまだたくさん眠っています。デザインとは、そんな商品をよりいっそう魅力的に見せ、消費者に選んでもらえるように生まれ変わらせるもの。

東京の美術大学でデザインの勉強をして福島に戻り、郡山市のデザイン会社でデザイナーとして働いているナガミネさん。

商品の魅力の奥に潜む本質的なものを見えるカタチで消費者に提示する。それがデザインするということ、と語る彼女が「ふくしまをデザインしたい」想いとは。

□インタビュー□
ヘルベチカデザイン
ナガミネ エリ さん

■ヘルベチカデザイン(郡山市)■
グラフィックやWeb、ロゴやパッケージなどさまざまなデザインをつくり上げるデザイン事務所。商品が生まれる現場を大事にして優れたデザインを生み出します。
http://helvetica-design.co.jp/

□インタビュー□
大島屋蒟蒻店
8代目 吉島祐輔さん

■大島屋蒟蒻店(白河市)■
白河市にある創業200年のこんにゃく屋。本物のこんにゃくをひとりでも多くの人に楽しんでもらえるよう、原材料や製法にこだわってつくっています。
https://ooshimaya.com/

==================
★福島県公式チャンネルでは、福島県の四季の魅力や、さまざまな最新情報、楽しい動画を続々公開していきます。
チャンネル登録よろしくお願いします!→https://www.youtube.com/user/PrefFukushima


ページトップへ移動