ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > ふくしまをつくる人々 > ふくしまの今を語る > ふくしまの生産者が、思いを語る。【山梨県・南アルプス市編】 ~ふくしまからはじめよう。ふくしまの今を語る人~

ふくしまの生産者が、思いを語る。【山梨県・南アルプス市編】 ~ふくしまからはじめよう。ふくしまの今を語る人~

掲載日:2018年3月1日更新

平成29年10月18日に山梨県南アルプス市で開催された「ふくしまの今を語る人」派遣イベントで、
福島県二本松市の二本松農園代表・齋藤登氏が登壇したときの様子です。
スペシャルアンバサダーとして派遣された、福島ホープスの岩村明憲監督による「ふくしまトークショー」も行われました。

◆講演タイトル
「ふくしまの農業の再生~米農家の思い~」

◆講師・プロフィール
・齋藤登氏:二本松市出身。県を中途退職し農業へ。震災直後より、首都圏等で風評被害を乗り切る直販活動を展開している。

◆「ふくしまの今を語る人」 県外派遣事業とは?
福島県の農林水産業関係者が、自ら講師となり、「食と放射能」や県産品に対する正しい知識を得て、理解をしていただく
ために全国各地で講演や試食会を行っています。
平成26~28年度で全国104箇所を回り、9000名を超える参加者の皆さんに、福島県の生産者による「生の声」を
お聞きいただきました。
平成29年度は35箇所で開催を予定しています。

詳細は、福島県消費生活課のホームページをご覧ください。
http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/syouhisyafuuhyoutaisakujigyou.html


▶︎福島県公式チャンネルでは、福島県の四季の魅力や、さまざまな最新情報、
楽しい動画を続々公開していきます。チャンネル登録よろしくお願いします!
→ https://www.youtube.com/user/PrefFukushima


ページトップへ移動