ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 生活拠点課 > 東日本大震災に係る応急仮設住宅の供与期間の延長について(平成28年7月15日公表)

東日本大震災に係る応急仮設住宅の供与期間の延長について(平成28年7月15日公表)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月15日更新

 東日本大震災に係る仮設・借上げ住宅の供与期間の延長について、平成30年3月末まで更に1年間延長することといたしました。

1 延長の理由
  避難指示の解除の見通しや、復興公営住宅の整備、自宅の建築・修繕等住居の確保の状況を踏まえ、更に1年延長が必要と判断しました。

2 対象市町村・区域(10市町村)

 楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村及び飯舘村の全域

 南相馬市の避難指示区域及び旧避難指示区域(H28.7.12解除)

 川俣町の避難指示区域

 川内村大字下川内字貝ノ坂及び字荻の全ての区域(H28.6.14解除) 

   ※その他の市町村・区域については、平成29年3月末で供与期間を終了します。
    ただし、以下の5市町において、地震・津波による被害を受け、工期等の関係で平成29年3月末までに住居確保ができない特別の事情がある場合、対象者を特定して平成30年3月末まで延長します(特定延長)。

 いわき市、相馬市、南相馬市(上記区域を除く)、広野町、新地町

3 平成30年4月以降の延長方針
 (1) 楢葉町
       平成30年3月末をもって終了します。
    ただし、自宅建築・修繕等、住居確保の状況を踏まえ、個別に延長することを検討します(特定延長)。

 (2) その他の市町村(9市町村)
   避難指示の解除の見通しや、解除後の住居確保の状況などを見据えながら、今後判断します。
 

 富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村及び飯舘村の全域

 南相馬市の避難指示区域及び旧避難指示区域(H28.7.12解除)

 川俣町の避難指示区域

 川内村大字下川内字貝ノ坂及び字荻の全ての区域(H28.6.14解除) 

       ※なお、本日付で県内市町村に通知し、受入都道府県には依頼しています。

     「福島県からのお知らせ」 [PDFファイル/131KB]はこちら

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。