ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 災害対策課 > 吾妻山の噴火警戒レベルが1に引き下げとなりました

吾妻山の噴火警戒レベルが1に引き下げとなりました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月18日更新

  平成28年10月18日に、仙台管区気象台は、吾妻山の噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)からレベル1(活火山であることに留意)に引き下げました。
  これに伴い、次のとおり吾妻山周辺の規制内容が変更になります。

1 磐梯吾妻スカイラインの夜間通行止めの解除 → 10月19日より解除

 【参考】
  ・県道路管理課ホームページ
   http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/41035c/161018yakankaijyo.html

2 大穴火口から500mの立入禁止区域の縮小、登山道の規制緩和

  ※引き続き、大穴火口及び旧火口内への立ち入りは禁止です。
    また、浄土平から一切経山への「直登ルート」は、火山ガスの影響が及ぶ可能性がありますので、引き続き通行止めになります。

  → 次の2区間の登山道の通行止めが解除(10月19日より解除)  
    (1) 浄土平~酸ヶ平  (2) 酸ヶ平~一切経山

 【参考】
  ・県自然保護課ホームページ
   http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16035b/volcano-azmkmd02.html

 なお、観光や登山で吾妻山にお越しの際は、吾妻山が活火山であることに留意いただき、気象庁や防災関係機関が公表している火山情報(以下のホームページ等)を御確認の上、お気をつけてお越しください。


気象庁では、平成27年8月4日14時から噴火の発生事実を迅速に発表する「噴火速報」の運用を開始しました。 
 携帯端末で噴火速報の発表を知るには、登録する必要がありますので、以下のサイトをご利用ください。
 ・Yahoo!Japan 防災速報 
 ・日本気象株式会社 噴火速報

 吾妻山の活動状況に関する詳細については、以下のページをご覧ください。

〇画像情報

 (1)吾妻山 観測カメラ(気象庁)

 (2)吾妻山 観測カメラ(福島河川国道事務所)

 (3)磐梯吾妻スカイライン道路画像情報(福島県道路管理課)

〇解説情報

 (1)吾妻山 火山の状況に関する解説情報(仙台管区気象台)

 (2)吾妻山の日別地震回数(仙台管区気象台)

〇登山届等

 (1)登山届(福島県警本部)

 (2)入山者カード(福島県観光交流課)

〇関係市町村からの情報

 (1)福島市防災ウェブサイト

 (2)吾妻山火山防災マップ(福島市)

 (3)米沢市

3火山(吾妻山、安達太良山、磐梯山)の火山活動状況について

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。