ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・環境 > 自然・環境 > 大気・水等保全 > 微小粒子状物質(PM2.5)について

微小粒子状物質(PM2.5)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月30日更新

 福島県内のPM2.5について

 
PM2.5注意喚起情報
現在、「注意喚起」は行っていません。

 県ではPM2.5の濃度が高くなると予測される場合、「注意喚起」情報提供を行っています(PM2.5に係る対応について [PDFファイル/469KB])。

 現在のPM2.5測定状況

  ※ 自動測定器の測定原理における誤差要因等により、PM2.5濃度が非常に低い場合に1時間値がマイナス値になることがあります。

「PM2.5」とは?

 「Particulate(パーティキュレート)Matter(マター)2.5」の略で、大気中に浮遊している2.5 μm(1μmは1mmの千分の1)以下の小さな粒子のことで、従来から測定してきた浮遊粒子状物質(SPM:10μm以下の粒子)よりも小さな粒子(SPMの4分の1の大きさ)になります。小さい粒子の方が肺の奥深くに入りやすく、健康影響が心配されることから、近年全国でPM2.5の測定が進められています。

 測定方法:大気を吸引し、ろ紙に吸着した粒子の濃度を測定します。ろ紙のロールは1時間ごとに移動していき、毎時の濃度を測定しています。

Spmろ紙の写真←SPM測定後のろ紙。丸い跡が1時間ごとの吸引で吸着した粒子。

Pm2月5日ろ紙の写真←PM2.5測定後のろ紙。SPMより小さい粒子のみ吸着。

 PM2.5はボイラーや自動車の排気ガス、また、火山等の自然由来の煙にも含まれます。硫黄酸化物や窒素酸化物等の大気汚染物質のガス状成分が化学反応により粒子化したものもあります。このように、PM2.5の粒子には様々な種類があります。

 詳細については次のリンクを参照してください。

 PM2.5の最新情報(環境省HPへ) 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。