ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業廃棄物課 > 行政代執行の状況について

行政代執行の状況について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月16日更新

福島県内における行政代執行及び求償の状況

 不法投棄がなされると、投棄された廃棄物を撤去して元の状態に回復させるには、多大な費用と時間を要し、経済的損失は計り知れないものとなりかねません。
 したがって、不法投棄の未然防止、早期発見、早期対応が非常に重要です。
 以下の事案は、過去に福島県内で不法投棄や不適正処理が行われ、県で行政代執行を実施し、生活環境上の支障を除去したものです。
 代執行には多額の費用が掛かっており、現在も不法投棄等の原因者等に代執行費用を求償しております。

代執行の事案

代執行費用

左のうち回収額 (注1)

いわき市沼部町の事案(H4・5)

59,913,564円

873,034円

いわき市四倉町の事案(H10)2,184,788,294円

274,000円

双葉郡広野町の事案(H14・15)460,674,900円3,079,814円

相馬郡小高町(現南相馬市小高区)の事案(H16)

2,644,950円

  ―   (注2)

伊達郡川俣町の事案(H24・25)55,576,500円6,126,500円

(注1)回収額は、平成30年3月末現在です。
(注2)行為者不明のため、求償が行えない状況です。