ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ドクターヘリについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新

平成20年1月28日、東北地方で初めてとなるドクターヘリが福島県立医科大学附属病院において運航を開始しました。

ドクターヘリにより、救命率の向上や後遺症の軽減が図られ、県民の安全・安心な暮らしの実現につながります。

ドクターヘリについて知っていただき、安全かつ円滑な運航に御協力をお願いいたします。

ドクターヘリとは

救急専用の医療機器を装備し、救急医療の専門医、看護師が搭乗して救命医療を行う専用ヘリコプターです。ドクターヘリ

ドクターヘリは、救命救急センターがある福島県立医科大学附属病院に常駐し、消防機関からの出動要請に基づき、救急現場等に駆けつけ患者に初期治療を行い、高度な医療機関に搬送します。

これにより、県内全域の救命率の向上、後遺症の軽減が図られます。

詳しくは、以下をクリックの上、ご覧ください。

 県民の皆様へのお願い

着陸や離陸を安全に行うため、次の点に御協力をお願いします。

  1. ヘリが着陸する場所から待避してください。
  2. 着陸後は救命治療を行いますので、近寄らないでください。
  3. 離着陸の際はヘリの風圧や騒音が発生します。吹き飛ばされやすいものは室内にしまって、窓を閉めてください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。