ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらし・環境 > 生活衛生 > 生活衛生 > 入浴着を着用した入浴施設の利用について

入浴着を着用した入浴施設の利用について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月5日更新

 入浴着とは、公衆浴場や旅館・ホテルの浴場を利用する際に、乳がんや皮膚移植の手術痕などが人目に触れないようカバーするための入浴用肌着です。

 入浴の直前に入浴着を着用し、浴槽に入る前に付着した石けんをよく洗い流すなど、清潔な状態で使用する場合は衛生管理上の問題はありません。

 なお、県の条例において、浴槽内へのタオルやスポンジなどの持ち込みや、浴槽内を著しく不潔にする行為は禁止されていますが、入浴着の着用はこれにはあたりません。
 入浴施設の利用の際は、入浴着を着用した入浴にご理解くださるようお願いいたします。

参考資料

厚生労働省平成30年6月28日付事務連絡 [PDFファイル/84KB]

総務省・厚生労働省・国土交通省平成23年1月17日付事務連絡 [PDFファイル/1.27MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。