ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 県北保健福祉事務所(県北保健所) > よくある質問(健康づくり)

よくある質問(健康づくり)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月24日更新

地域支援高齢者支援子育て支援障がい者支援医事・薬事健康づくり歯の健康
生活習慣病感染症薬物乱用防止食品衛生環境衛生ペット・動物その他

健康づくり

Q1 「健康日本21(第2次)」「第二次健康ふくしま21計画」とはどのようなものですか。

A1 「健康日本21(第2次)」は、平成25年度から10年間の21世紀における第二次国民健康運動です。
 現在では国民に広く知られるようになった生活習慣病などに関して、早期に発見して早期に治しましょうというのではなく、かからないようにしましょうという一次予防に観点を置いているのが特徴です。

 (1)健康寿命の延伸と健康格差の縮小の実現、(2)主要な生活習慣病の発生予防と重症化予防の徹底、(3)社会生活を営むために必要な機能の維持・向上、(4)健康を支え、守るための社会環境の整備、(5)栄養・食生活、身体活動・運動、休養、飲酒、喫煙及び歯・口腔の健康に関する生活習慣及び社会環境の改善の5項目について目標値を定めています。

 「第二次健康ふくしま21計画」は、健康日本21(第2次)の趣旨を踏まえた本県の健康増進計画で、全国に誇れる健康長寿県を目指して実効性のある運動を展開するため、~「すこやか、いきいき、新生ふくしま」の創造~を基本目標に策定されました。

 県民一人ひとりが実践する健康づくりを基本に、家庭・学校・職場・地域などが一体となった新たな健康づくり県民運動の展開、健康づくりへの社会的・専門的支援の計画的展開を図るための具体的な行動計画です。

Q2 健康に関する講演を依頼したいのですが。

A2 保健福祉事務所(保健所)には、健康や福祉、環境に関する専門職がいます。講演依頼、講師派遣は、それぞれの担当課に相談してください。担当職員が出向くか、適当な講師をご紹介します。