ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 商工総務課 > 売上の減少した中小事業者に対する一時金(本県版一時金第3弾)

売上の減少した中小事業者に対する一時金(本県版一時金第3弾)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年9月9日更新

≪注意≫

 協力金の対象事業者による一時金の申請が増えています。

 飲食店向け協力金の対象事業者は、一時金の交付対象外となりますので、交付要件を確認の上、申請願います。

 また、大規模施設等協力金の対象事業者特定大規模施設運営事業者及びテナント事業者)は、一時金の交付対象外となりますので、交付要件を確認の上、申請願います。

≪交付額変更に関するお知らせ≫

 福島県まん延防止等重点措置等の延長に伴い、従来の交付額一律20万円から一律30万円に変更となりました。

 増額に伴う追加申請(書類の提出等)は不要です。

 すでに今回の一時金を申請し、20万円を受給済みの事業者の方には、9月中に増額分10万円を追加で交付いたします。

お知らせ

 令和3年9月1日(水曜日)売上の減少した中小事業者に対する一時金(本県版一時金)の郵送及び電子申請による受付を開始します。

 なお、令和3年9月を売上減少の基準月として申請する場合は、令和3年10月1日(金曜日)以降に申請を受付ます。 

1 趣旨

 福島県まん延防止等重点措置等(以下、本措置)に伴う飲食店への営業時間短縮要請や県民に対する不要不急の外出自粛により影響を受け、売上が減少した中小事業者を支援するため、一時金を交付します。

 一時金の概要はこちら [PDFファイル/457KB]

 

2 交付対象者及び交付要件

 (1) 交付対象者

 県内の中小事業者(個人事業者も含む)

 (2) 交付要件

 次の「ア」から「ク」の要件を全て満たすこと。

ア 県内に本社又は本店がある中小法人・個人事業主で、以下の(ア)又は(イ)に該当すること。

 (ア)資本金の額又は出資の総額が10億円未満であること。

 (イ)資本金の額又は出資の総額が定められていない場合は、常時使用する従業員の数が2,000人以下であること。

*事務所または店舗の所在地及び納税地が福島県であること。

イ 県内の飲食店と直接または間接の取引があること、または不要不急の外出自粛により直接的な影響を受けたこと。

ウ 令和3年8月または9月の売り上げが比較対象月と比べて30%以上減少したこと。

エ 令和元年又は令和2年の確定申告を行い受領していること。

オ 申請時において事業を継続していること。

カ 以下の(ア)又は(イ)のいずれにも該当しないこと。

 (ア)本措置における営業時間短縮要請(飲食店・大規模施設等協力金)の対象事業者

 (イ)風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に規定する「性風俗関連特殊営業」、当該営業に係る「接客業務受託営業」を行う事業者

キ 以下の(ア)から(エ)のいずれにも該当しないこと。

 (ア)国、法人税法別表第1に規定する公共法人

 (イ)政治団体

 (ウ)宗教上の組織又は団体

 (エ)指定管理者、第三セクター

ク 福島県暴力団排除条例(平成23年福島県条例第51号)に規定する暴力団又は暴力団員等が営業に関与する事業者等ではないこと。

 

【申請に関する注意事項】

(1) 申請内容に関して、万が一不正があった場合には、事業者名を公表する等の対応を取る場合があります。

(2) 申請で把握した個人情報は、一時金の交付に係る審査事務及び支払い手続きのために利用させていただくほか、福島県個人情報保護条例に基づき、目的外利用ないし第三者提供を行う場合があります。

(3)事業活動が分かる書類、飲食店との直接・間接の取引を示す書類など一時金の交付に当たって必要となる証拠書類は、一時金の受給の日の属する年度の終了後5年間、県からの要求があったときは、いつでも閲覧に供せるよう申請者において適切に保管してください。

(4)書類の不備等があり、福島県(福島県の委託を受けた者を含む)が申請者に連絡・確認できない場合が相当期間続いたとき(申請受付日から1ヵ月経過した日、又は令和3年11月26日(金曜日)のいずれか早い方の期日に到達したとき)は、申請が取下げられたものとみなします。

(5)一時金の交付後、交付要件を満たさない事実、虚偽、不正等が判明した場合は、一時金の返還、違約金の支払い等を求める場合があります。

(6) 申請で提出された確定申告、飲食店営業許可証等の内容については、必要に応じ関係する官公庁に照会させていただく場合があります。

 

3 交付額

1事業者あたり一律30万円(従来の交付額20万円に10万円増額)

※すでに今回の一時金を申請し、20万円を受給済の事業者の方には、増額分10万円を追加で交付いたします。

4 申請手続きについて

(1)申請受付期間

郵送・電子申請とも 令和3年9月1日(水曜日)から令和3年11月12日(金曜日)

(2)申請書類の配布場所等

ア 下記の(3)申請書類からダウンロード

イ 県の各地方振興局配布窓口

ウ 各市町村配布窓口

上記イ・ウの配布窓口一覧はこちら [PDFファイル/385KB] 

(3)申請書類

申請書類一式のダウンロードはこちら(Zipファイル) [その他のファイル/2.18MB]

【申請受付要領】

申請受付要領 [PDFファイル/463KB]

(別表1)提出書類チェックリスト [PDFファイル/190KB]

(別表2)申請書配布窓口一覧 [PDFファイル/385KB]

【申請書】

申請書 [Wordファイル/47KB]

申請書 [PDFファイル/492KB]

申請書記載例 [PDFファイル/641KB]

 

※書類の不備・不足があると確認に時間を要し、支給が大幅に遅れる可能性があります。お手数ですが書類を十分に確認のうえ、ご提出いただきますようお願い申し上げます。

※申請に必要な書類の詳細については、「(別表1)提出書類チェックリスト」をご確認下さい。

(4)申請方法

【郵送申請】

申請書類を作成の上、下記に郵送して下さい。 (11月12日(金曜日)の消印有効)

〒960-8043   

 福島市中町1-19 福島中町郵便局留  福島県一時金事務局 宛   

※切手(送料は申請者負担)を貼付の上、裏面には差出人の住所・氏名を必ず記載してください。なお、簡易書留など郵便物の追跡ができる方法で郵送してください。

※宅急便・宅配便は、郵便局留で受取できません。

※持参による申請受付は行いませんのでご了承ください。

【電子申請】

下記URL(法人用または個人事業者用)から申請してください。

ア 法人用

https://amarys-jtb.jp/ichijikin3-hojin/

イ 個人事業者用

https://amarys-jtb.jp/ichijikin3-kojin/

<システムメンテナンスのご案内>
以下の日程でシステムメンテナンスを行います。
申請途中でメンテナンスが行われた場合、初めからやり直しになりますのでご注意ください。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
  法 人 用   毎週月・水 10時00分~10時30分
 個人事業者用 毎週月・水 10時30分~11時00分

 

5 よくあるお問い合わせ

お問合せ先

 一時金に関する専用相談窓口(福島県一時金コールセンター)
 (電 話)024-521-8572
 (受付時間)毎日9時30分から17時30分まで​

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)