ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水田畑作課 > 主要農作物種子法廃止に伴う県の対応について

主要農作物種子法廃止に伴う県の対応について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月30日更新

 主要農作物種子法は、稲・麦・大豆の主要農作物の種子について、県が普及すべき「奨励品種」を定めるとともに、農家が使用する一般種子の親世代である「原種」等の生産や、一般種子を生産するほ場を指定し、ほ場審査等を行うことを定められているものです。
 この主要農作物種子法が、平成30年4月1日をもって廃止されますが、福島県では、優良な種子の供給は農業振興上最も基本的で重要な事項であることから、引き続き品質の高い種子を安定して供給出来るよう、今般新たに県の要綱・要領を定め、しっかりと取り組んでまいります。

   ○「主要農作物種子法」廃止後の福島県の対応について [PDFファイル/187KB]

   ○福島県主要農作物種子生産基本要綱 [PDFファイル/93KB]

   ○福島県原種・原原種生産及び配付要領 [PDFファイル/369KB]

   ○福島県主要農作物種子検査要領 [PDFファイル/251KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)