ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 森林整備課 > 造林補助金を受けるための条件についてお知らせします。

造林補助金を受けるための条件についてお知らせします。

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月1日更新

造林補助金の概要

○県では森林所有者のみなさんが、植え付け、下刈り、間伐などの森林整備を行う場合、あるいは森林組合等に施業を委託する場合などに、実施した作業内容に応じて補助金を交付しています。


《補助を受けるための条件》

1. 森林経営計画を作成し、市町村長や県知事の認定を受ける必要があります。

2. 補助の対象となる面積は、原則として1箇所当たり0.1ヘクタール以上です。

3. 補助金の額は、森林経営計画に基づく森林施業の計画的実施に関する事項や樹種、林齢などの現地条件により変わります。


森林所有者自身が施業を行った場合の1ヘクタールあたりの標準的な補助金額は次のとおりです。

作業の種類

対象林齢

標準単価

算出の条件例

標準単価

(千円/ha)

補助金額

(千円/ha)

人工造林

スギの植栽

(3,000本以上/ha)

1,089

740

樹下植栽

(育成複層林の造成)

コナラの植栽

(1,000本以上/ha)

641

436

不用萌芽の除去11年生~389265

下刈り

~7年生

 

162

110

枝打ち(人力)

11~30年生

不要高さ1m以上

本数2,000本以上/ha

188

128

除伐

11~25年生

160

109

保育間伐16~35年生選木、伐倒、枝払、玉切245

167

定性間伐(車輌系)

(間伐率30%以上)

21~60年生

搬出材積

50m3以上70m3未満/ha

選木あり

414

282

列状間伐(車輌系)

(間伐率30%以上)

21~60年生

搬出材積

50m3以上70m3未満/ha

選木あり

360245

定性更新伐(車輌系)

(伐採率40%以上)

11~90年生

搬出材積

50m3以上70m3未満/ha

選木あり

426

290

※1 上表は平成30年度の標準単価です。※2 標準単価とは、作業の種類ごとに県が定める1ヘクタールあたりの経費です。※3 補助金額は、森林経営計画に基づき実施した場合の金額です。※4 間伐及び更新伐は、次の2つの要件を満たす必要があります。(1) 5ヘクタール以上の森林を集約すること
(2) 1ヘクタールあたり10m3以上の木材を搬出すること


詳しくは、最寄りの県農林事務所、 市町村、森林組合にお問い合わせください。