ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 相双農林事務所 > 令和元年台風第19号等 相双地方農林業の被害について

令和元年台風第19号等 相双地方農林業の被害について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月4日更新

 相双地方では、10月11日から前線の影響で雨が降り始め、台風の接近・通過に伴い12日の夕方から13日の未明にかけて、非常に激しい雨が降りました。総降水量は、相双管内の雨量観測地点全てで200mm以上となり、10月1ヶ月平均値の2倍程度の降水量となりました。 
 この台風の影響により二級河川宇多川や、小高川をはじめとする相双地方各地の河川で氾濫や決壊が生じ、広い範囲で浸水が発生するなど甚大な被害をもたらしました。
 また、10月25日から26日にかけての台風第21号に伴う大雨では、24時間最大雨量が250mmを超す観測地点もあり、応急工事で仮復旧した箇所が再度被害を受けるなど被害が拡大しました。

 詳細については、以下の資料をご覧ください。

P1
ページ1 [PDFファイル/1.81MB] 

P2
ページ2 [PDFファイル/1.58MB]

P3

ページ3 [PDFファイル/1.7MB]

P4

ページ4 [PDFファイル/477KB]

P5

ページ5 [PDFファイル/714KB]

全体版 [PDFファイル/5.17MB]
※A3で印刷することをお勧めいたします。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。