ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 河川計画課 > 津波防災地域づくりに関する法律に基づく津波浸水想定の設定について

津波防災地域づくりに関する法律に基づく津波浸水想定の設定について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月20日更新

 「津波防災地域づくりに関する法律(平成23年法律第123号)」第8条第1項の規定に基づく津波浸水想定は、発生頻度は極めて低いものの、発生すれば甚大な被害をもたらす、「最大クラスの津波」が沿岸に到達した場合の、浸水の区域(浸水域)及び水深(浸水深)を設定したものであり、津波防災地域づくりを実施するための基礎となるものです。

 福島県では、国がとりまとめた「津波浸水想定の設定の手引き」に基づき、過去に本県沿岸に津波被害をもたらした地震や、将来最大クラスの津波をもたらすと想定される地震を選定し、津波シミュレーションを行い、各地で最大となる「浸水域」と「浸水深」を設定し、津波浸水想定区域図を作成しました。

津波防災地域づくりに関する法律について(国土交通省ホームページ)

津波浸水想定(解説)

津波浸水想定(解説) [PDFファイル/1.05MB]

 

津波浸水想定区域図

全体図 [PDFファイル/5.27MB]

新地町 [PDFファイル/9.1MB]

相馬市 [PDFファイル/18.32MB]

南相馬市 [PDFファイル/55.9MB]

浪江町 [PDFファイル/9.87MB]

双葉町 [PDFファイル/9.71MB]

大熊町 [PDFファイル/9.8MB]

富岡町 [PDFファイル/19.43MB]

楢葉町 [PDFファイル/17.62MB]

広野町 [PDFファイル/8.37MB]

いわき市 [PDFファイル/86.65MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)