ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 建築住宅課(復興住宅担当) > 福島県借上げ住宅新規契約のご案内(平成28年9月1日以降、平成30年3月31日まで)

福島県借上げ住宅新規契約のご案内(平成28年9月1日以降、平成30年3月31日まで)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月2日更新

対象となる契約

1 対象となる住宅の要件

  (1) 家賃等が6万円以下かつ耐震性を有することが確認されたのもの
   ※5人以上の世帯の場合は月額9万円までとなりますが、未就学児がいる場合は取扱いが異なりますので、下記問合わせ先に事前に確認願います。

  (2) 県の借上げ住宅となることについて、貸主及び仲介業者が了承したもの

2 対象世帯

 下記の原子力災害による避難指示区域(平成27年6月15日時点)から避難している世帯(ただし、災害救助法の住宅供与を受けた事がある場合は対象外)
  楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村及び飯舘村の全域

  南相馬市の避難指示区域及び旧避難指示区域(H28.7.12に解除された区域)

  川俣町の避難指示区域

  川内村大字下川内字貝ノ坂及び字荻のすべての区域(H28.6.14に解除された区域)

  ※ 受付を終了している場合がありますので、被災時の市町村の窓口へ御確認ください。

  ※ 仮設住宅・借上げ住宅への入居と、災害救助法に基づく住宅の応急修理制度を併用することはできません。

手続きの流れ

  ※ 県借上げ住宅に係る契約書・請求書・重要事項説明書・定借説明書は、必要部数を各市町村に提出してください。

新規契約に必要な様式

1 福島県借上げ住宅申出書

  ※ 市町村により様式が異なる場合がありますので、市町村窓口に御確認ください。

2 誓約書

3 福島県借上げ住宅賃貸借契約書

  ※ 契約書はA4両面、「長辺を綴じる」で印刷し、4部提出してください。(割印も必要になります。)

  ※ 契約書には入居者の押印も必要です。
 

4 説明書参考様式

  ※ 定借説明書・重要事項説明書は1部ずつ提出してください。

5 請求書

  ※ 請求書はそれぞれ1部提出してください。

注意事項

1 仲介手数料の変更について

  平成26年4月1日より消費税が5%から8%に改訂されたため、仲介料は賃料×0.525か月分から賃料×0.54か月分とします。

2 損害保険について

  平成26年4月1日以降を契約始期とする新規契約はすべて保険を県で一括加入しております。
  また、入居者が独自に保険に加入しても保険料の請求はできないこととします。

3 附帯設備負担金について

  震災時の混乱期に最低限のものを負担するという目的は達成していることから終了しました。
  なお、生活拠点課で実施している、附帯設備費用の設置費用の支払い業務は継続しますので、
  附帯設備が必要な場合は民間賃貸住宅附帯設備担当(024-521-8306)にお問い合わせ願います。 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)