ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

水質情報

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月6日更新

水質情報

磐城・勿来・小名浜・好間・相馬工業用水道

工業用水の水質検査結果(平成31年2月)
項  目標準値磐城工水勿来工水好間工水小名浜工水相馬工水
濁度(度)20以下1.31.00.25.63.2
pH6.5~8.07.67.77.48.07.0
アルカリ度(mg/L)75以下443832-29
全硬度(mg/L)120以下413435-28
全蒸発残留物(mg/L)250以下96828140,00056
塩化物イオン(mg/L)80以下541120,0003
鉄(mg/L)0.3以下0.160.150.040.360.18
マンガン(mg/L)0.2以下0.07<0.02<0.020.0530.042
備  考海水

※1 標準値は、日本工業用水協会の工業用水水質基準制定委員会で定めているものです。
(以下の3点の注釈は、工業用水道供給水質標準値のものです)
・本表の数値は、現在供給を行っている工業用水道の供給水質の実態(処理下水等特殊な水源のものを除く)及び工業用水道受給者側の要望水質を勘案して算出した一応の標準値である。
・工業用水道の供給水質は工業用水道使用者全体の用途を考慮して効率的、経済的に定めることとなるので原水の水質の状況によっては本表により難い場合もある。
・昭和46年3月制定時の値に対して、pH以外の標準値に「以下」を追記している。

※2 磐城工水、好間工水及び相馬工水の水質基準は、福島県工業用水道条例(昭和37年制定)において、水温25度以下、濁度15度以下、水素イオン(pH)6.0~8.5以下と定められています。

※3 勿来工水及び小名浜工水では、原水をそのまま供給しています。

相馬工業用水道の流量水質

水質基準

磐城・好間・相馬工業用水道

水質基準
項目基準
水温25℃以下
濁度15度以下
水素イオン濃度(pH)6.0以上8.5以下

勿来・小名浜工業用水道

原水供給としており、水質基準はありません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)