ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > ふくしまオススメ情報 > ふくしまの酒 > Japan's Best SAKE Made in FUKUSHIMA in 8K HDR - 福島の酒

Japan's Best SAKE Made in FUKUSHIMA in 8K HDR - 福島の酒

掲載日:2020年3月24日更新

Why Fukushima's Sake gets the first prize in Japan?

For seeking the answer, we traveled around Fukushima in the harvest season of rice which Japanese Sake made of.
Water born from a rich natural landscape.
"Sakagura" Sake store house and achievement of "Toji" master brewer, they has been inherited for long times.
In Fukushima, there are 50 Sakagura, in there, Sake has been developed by inherited skill and continual improvement, in harmony with the regions and competitive with each other.

Fukushima is also production area of various kinds of ingredients.
Chefs in that Fukushima try to get a great Sake with high dimensions and diversity.
Sake also has been honed by dishes.

That culture and environment are the answer of the championship of Fukushima's Sake.

In this time, we shot and made a film products about culture and environment concerning Sake by 8k camera, we 'd like to share it to the world widely.

Planning : Fukushima Trade Promotion Division
Direction / Editor:EikawaYuki
Filming:Takashi Matsumura、Motonari Baba
Music:Wolves Unite Japan, Inc.


福島の酒はなぜ日本一なのか?

日本酒の原料である米が実る季節に福島をめぐり、その答えを探した。

自然豊かな地形から生まれる水。
受け継がれてきた酒蔵と杜氏の技。
福島県内に50ある酒蔵では、技術を継承し、改良を加え、
地域と共生し、互いに競いながら、いまもなお酒を進化させている。

そして福島は多種多様な食材の産地でもある。
それを扱う福島の料理人は、酒にも高い次元と多様性を求める。
料理によっても酒は磨かれてきた。

こうした文化と環境こそが、福島の酒を日本一たらしめる理由だった。

今回は福島の酒にまつわる文化と環境を8Kカメラでとらえ、記録するとともに、
世界へ発信する映像作品にまとめた。

企画:福島県県産品振興戦略課
監督/編集:永川優樹
撮影:松村隆、馬場元成
音楽:Wolves Unite Japan, Inc.

==================
★福島県公式チャンネルでは、福島県の四季の魅力や、さまざまな最新情報、楽しい動画を続々公開していきます。
チャンネル登録よろしくお願いします!→https://www.youtube.com/user/PrefFukushima


ページトップへ移動