ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 自然保護課 > 福島県の自然公園及びビジターセンター

福島県の自然公園及びビジターセンター

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新

自然公園一覧

国立公園1磐梯朝日(ばんだいあさひ)-環境省HPへリンク-
2日光(にっこう)-環境省HPへリンク-
3尾瀬(おぜ)-環境省HPへリンク-
国定公園4越後三山只見(えちごさんざんただみ)
県立自然公園5霊山(りょうぜん)
6霞ヶ城(かすみがじょう)
7南湖(なんこ)
8奥久慈(おくくじ)
9磐城海岸(いわきかいがん)
10松川浦(まつかわうら)
11勿来(なこそ)
12只見柳津(ただみやないづ)
13大川羽鳥(おおかわはとり)
14阿武隈高原中部(あぶくまこうげんちゅうぶ)
15夏井川渓谷(なついがわけいこく)

自然公園とは

 国や県は、優れた自然の風景地を保護するとともに、その利用の増進を図り、国民の保健休養及び教化に役立てることを目的として、一定の区域を自然公園として定めています。  自然公園は、「国立公園」「国定公園」「県立自然公園」の三種類に分かれています。これらは、いずれも自然環境やその風景が優れた地域であり、適正に保護しながら、永く後世に引き継いでいかなければなりません。そのため、公園地域の保護と利用を図ることを目的として公園計画を定め、各種の行為を規制するとともに、利用施設などの整備を行(おこな)っています。

【国立公園】国立公園(こくりつこうえん)とは特に傑出した自然の風景地について環境大臣が指定するもので、福島県には、磐梯朝日、日光、尾瀬の3つの国立公園があります。

【国定公園】国定公園は、国立公園(こくりつこうえん)に次(つ)ぐ優れた風景地について環境大臣が指定するもので、福島県には、浅草岳や会津朝日岳の山陵(さんりょう)と只見川上流沿いの渓谷、そして田子倉、大鳥、奥只見などの人造湖からなる越後三山只見国定公園(えちごさんざんただみこくていこうえん)があります。

【県立自然公園】県立自然公園とは、本県を代表する優れた風景地について知事が指定するもので、福島県には、11の県立自然公園があります。それらは、美しい海と白砂青松の松川浦・勿来・磐城海岸、深山渓谷の美しさを見せる奥久慈・夏井川渓谷、史跡名勝の地の霊山(りょうぜん)・霞ケ城(かすみがじょう)・南湖(なんこ)、人造湖と緑の山脈の美しい大川羽鳥、カルデラ湖と河川風景が美しい只見柳津、そして鍾乳洞やハイキングコースのある阿武隈高原中部の各県立自然公園です。

公園計画図(全県版)へ

自然公園における行為規制

 

福島県内のビジターセンター

 ビジターセンターとは、自然公園内の地形や地質、動植物などの情報を展示・解説し、公園の利用案内を行っている施設です

 福島県内のビジターセンターでおこなっている業務等については、各ビジターセンターへお問い合わせください。

【福島県内のビジターセンターHP】

裏磐梯ビジターセンター(磐梯朝日国立公園内の裏磐梯(桧原湖エリア)に設置されています)

浄土平ビジターセンター(磐梯朝日国立公園内の浄土平に設置されています)

尾瀬沼ビジターセンター(尾瀬国立公園内の尾瀬沼東岸に設置されています)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)