ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 地域医療課 > 【新型コロナ】医療提供体制について

【新型コロナ】医療提供体制について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年11月1日更新

新型コロナウイルス感染症に関する医療提供体制について

 福島県では、感染状況を分析しながら感染者が増えた場合でも十分に対応できる相談体制や検査体制、医療提供体制などを県内関係機関と一体となって整えていますので、引き続き県民の皆様には、御理解と御協力をお願いします。

福島県新型コロナウイルス感染症 Q&A

Q 発熱等風邪のような症状があり、医療機関を受診したいと考えています。どこへ連絡したらいいのでしょうか?

A 発熱等の症状がある方は、まずはかかりつけ医等の身近な医療機関に電話で御相談ください。かかりつけ医がいない方、またはどこに相談してよいか分からない方は、「受診・相談センター」に御相談ください。 

     感染が疑われる方はこちらをクリック 

     受診・相談相談センター(24時間体制) ☎0120-567-747
   ※耳の不自由な方はファックス(024-521-7926)で御連絡ください。

 
※インフルエンザの流行期に備え、県ではインフルエンザと新型コロナウイルス感染症の診療・検査ができる医療機関229箇所を「診療・検査医療機関」として指定し、地域で診療を受けられる体制整備を進めています。
【かかりつけ医等の身近な診療所のほか、44箇所のコロナウイルス感染症外来(帰国者・接触者外来)、20箇所の地域外来(発熱外来)、5箇所のPCR外来を含む】(令和2年11月1日現在)
 また、PCR検査も1日最大832人分を検査することができる体制となっています。今後も県民が身近な地域で適切な診療や検査を受けられるよう、引き続き診療や検査体制
の拡充に取り組んでいきます。
相談から検査までの流れ

        相談から検査までの流れ [PDFファイル/63KB]

 

Q もしも新型コロナウイルスに感染したらどうなりますか?

A 県内では、症状に応じた治療が受けられる体制を整えており、速やかに入院し治療を受けることが可能です。万が一重篤化する場合などは、高度医療を担う福島県立医大等で治療を受けていただきます。
※県内では、629床(令和2年11月1日時点)の陽性患者に対応できる病床等を確保しており、これはこれまで最大だった入院患者数(86名)の約7倍の数となっています。今後のインフルエンザの流行も想定しながら、引き続き入院病床や宿泊療養施設の確保を進めていきます。

 

Q 新型コロナウイルス患者に対応するための救急体制はどうなっていますか?

A 県内の保健所と全消防機関とが協定を結び、コロナ患者やコロナ疑い患者を必要な医療機関へ搬送するとともに、速やかに治療が受けられる体制を整えています。
※県内では多くの医療機関の皆様の協力により受診、入院体制を全県的に整えています。協力いただいている医療機関では、感染管理がされ一般の方とは区分された病床を確保しているほか、動線が交わらないようにするなど、徹底した感染防止策がとられています。

搬送及び医療体制
        搬送及び医療体制 [PDFファイル/305KB]

 

Q 新型コロナウイルス感染症による自粛生活などで、ストレスや不安を感じています。どこに相談すればいいのでしょうか?

A 福島県では、「新型コロナウイルス感染症に関するこころの相談窓口」を開設しており、こころの健康についての相談を受け付けています。

     こころの電話(福島県精神保健センター)
     平日 9時00分 ~ 17時00分  ☎024-535-5560

 

Q 新型コロナウイルス感染症の患者やその関係者等が差別や偏見、誹謗中傷等の被害を受けたらどこに相談すればいいのでしょうか?

A 福島県では、「新型コロナウイルス感染症に関する誹謗中傷等被害の相談窓口」を開設しており、被害を受けた県民を対象に、相談・助言・情報提供等を行っています。

     誹謗中傷等被害の相談窓口
     平日 9時00分 ~ 17時00分  ☎024-521-8647
     ※県では、誹謗中傷や心ない言動の防止を呼びかけるサイトを以下に開設して
      います。今後も県民一人ひとりがお互いを思いやる気持ちを持ち、優しさと
      励ましの絆で新型コロナウイルス感染症を乗り越えていけるよう呼びかけを
      行っていきます。

  誹謗中傷等防止特設サイト 優しさは心を結ぶ  
      

Q インフルエンザワクチンを接種したいのですが、いつから接種できるのでしょうか?

A 今年は新型コロナウイルス感染症の流行が懸念されるなか、インフルエンザワクチンの需要が高まる可能性があることから、必要な方にワクチンが行き届くよう、接種時期の分散等を行っておりますので、御協力をお願いします。

 インフルエンザワクチン予防接種の時期

   インフルエンザワクチン予防接種の時期 [PDFファイル/59KB]

 

Q 新型コロナウイルス感染症への感染の懸念から、医療機関への受診を控えています。医療機関へ受診をしても問題はないのでしょうか?

A 県内の医療機関では、感染の拡大を防ぐため、発熱者と待合室を分け、動線が重ならないようにするなど対策を講じています。
  発熱、咳や腹痛などの症状は新型コロナウイルス感染症だけでなく、それ以外の病気の可能性もあるため、必要な受診を控えると最適な治療が受けられなくなる可能性があり、定期的に飲んでいる薬を切らすと、持病が悪化してしまうおそれがあります。
  また、健診も病気の早期発見・早期治療の大事な方法であり、過度な受診控えは健康上のリスクを高めることになるため、かかりつけ医に相談するなど、適切な受診・健診を心がけましょう。
  なお、医療機関によっては、電話などで受診が可能な所もありますので、まずはかかりつけ医又は
お近くの医療機関に電話で相談してください。

     オンライン診療の実施についてはこちらをクリック

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)