ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 農業 > 有機質土壌改良資材の利用再開について

有機質土壌改良資材の利用再開について

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年7月12日更新

有機質土壌改良資材の利用再開に係る放射性セシウムの測定について

  • 農業用に、竹のチップや竹パウダー、落ち葉、雑草、剪定枝、樹皮(バーク)及び木材チップ・パウダー(樹皮を除去したものを除く。)等の「有機質土壌改良資材」を生産・販売する場合、国の通知「地方公共団体及び事業者が生産・出荷する有機質土壌改良資材の取扱いについて」に基づき、下記より放射性セシウムの測定を行ってください。
  • 有機質土壌改良資材を不特定の第三者へ無償譲渡する場合も、同様に放射性セシウムを測定してください。
  • 有機質土壌改良資材は肥料に該当しないため、肥料の生産・販売に係る手続きは不要です。
    ただし、落ち葉や雑草、剪定枝等を堆積・発酵させると特殊肥料の指定名「堆肥」となるので、肥料の生産・販売に係る届出が必要です。また、放射性セシウム測定のチェックシートも、有機質土壌改良資材用ではなく腐葉土・剪定枝堆肥用のチェックシートを提出することとなります。
  1. 事業者がチェックシート(試料採取方法まで記入)や添付資料を作成                  ひとつひとつじつげんするふくしま
  2. チェックシート及び添付資料を福島県農業総合センターへ提出
  3. 県によるチェックシート及び添付資料の確認
  4. チェックシート等が問題ない場合、事業者は有機質土壌改良資材の放射性セシウムを測定
  5. 事業者は放射性セシウム測定結果を福島県農業総合センターへ報告するとともに、チェックシート(両面すべて記入)及び添付資料を福島県農業総合センターへ提出
  6. 県による確認後、利用可否の通知

    通知 地方公共団体及び事業者が生産・出荷する有機質土壌改良資材の取扱いについて [PDFファイル/881KB]
    有機質土壌改良資材のチェックシートの記入様式 [Excelファイル/34KB]
    チェックシート記入例 [PDFファイル/173KB]
    有機質土壌改良資材の放射性セシウムの暫定許容値はキログラムあたり400ベクレルです

有機質土壌改良資材利用再開でのチェックシート等の提出先について

  • 有機質土壌改良資材利用再開のためのチェックシート及び添付書類は、下記まで郵送もしくは電子メールでお送りください。
  • チェックシートは原料・資材の種類ごとに作成してください。
  • チェックシート等について確認したいことがありましたら、下記に御連絡ください。
    〒963-0531
    福島県郡山市日和田町高倉字下中道116番地
    福島県農業総合センター安全農業推進部 指導・有機認証課
    電話番号:024-958-1708、ファクシミリ番号:024-958-1727
    電子メール:nougyou.anzen@pref.fukushima.lg.jp

有機質土壌改良資材利用再開のチェックシート提出での添付資料について

提出を求める添付資料について

  1. 添書
  2. 原料採取地の位置図
  3. 原料採取地の近景写真
  4. 製造事業場の全景写真・近景写真
  5. 有機質土壌改良資材の各ロットごとの保管状況が確認できる写真
  6. 有機質土壌改良資材のロットごと、放射性セシウム測定用の試料採取箇所が確認できる写真
  7. 試料を縮分しているときの写真
  8. 縮分後に袋詰めした試料の写真
  9. 放射性セシウムの自主測定結果がある場合にはその写し

参考 放射性セシウム測定用試料の採取方法の資料について

有機質土壌改良資材の放射性セシウム検査用試料の採取に当たっては、下記のHPに記載されている検査方法に基づき、試料の放射性セシウム濃度にばらつきがでないようにしてください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)