ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 会津地方振興局 > クマにご注意ください!!

クマにご注意ください!!

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月20日更新
  • 熊出没注意イラスト   熊出没注意イラスト2

会津管内のツキノワグマによる人身被害発生状況

 平成27年度における会津地方振興局管内のツキノワグマによる人身被害は、4月に2件(2名)、6月に1件(1名)、計3件(3名)発生しています。

ツキノワグマの生態

 ツキノワグマの生態について【『会津地方におけるツキノワグマ対策』より抜粋】

山に入る際の注意事項

 山菜採りや登山などで入山する場合は、クマとの遭遇を避けるため、次のような予防対策をとるよう心がけてください。

  1. 山や野外での活動では、あらかじめクマの出没情報を確認して、必ず2人以上で行動し、単独行動は慎みましょう。
  2. 鈴や笛、ラジオなどを必ず身につけ、周りに音を出しながら行動しましょう。
  3. 子グマを見かけても、そばには必ず母グマがいると考え、決して近寄らないでください。
  4. もしクマに出会ってしまったら、あわてずゆっくり後ろにさがり、静かにその場から立ち去りましょう。
  5. クマの足跡やフンなど痕跡を見つけた場合は、その先には進まずに引き返しましょう。
  6. 生ごみや残飯、廃棄果樹などは山や野外に捨てたり、放置しないでください。クマをその場所に引き寄せる原因になります。

 クマによる被害防止のためには、皆さま一人一人の注意と心がけがとても大切です。
 皆さまのご理解とご協力をお願いします。

会津地方のツキノワグマ情報

 会津地方におけるツキノワグマに関する資料です。ツキノワグマ対策にご活用ください。

会津管内のツキノワグマによる人身被害発生状況

会津管内のツキノワグマの有害鳥獣捕獲

会津管内のツキノワグマの有害鳥獣捕獲位置図

会津管内市町村のツキノワグマの有害鳥獣捕獲位置図

  会津管内市町村のツキノワグマの有害鳥獣捕獲位置図(平成25年度) 

 会津管内市町村のツキノワグマの有害鳥獣捕獲位置図(平成23~24年度) 

  会津管内市町村のツキノワグマの有害鳥獣捕獲位置図(昭和63年度~平成15年度・平成16年度~22年度)

会津管内のツキノワグマ月別捕獲数の推移

会津管内のブナ・ナラ類の結実状況調査

普及啓発チラシ

会津地方振興局「ツキノワグマ被害防止対策事業」・会津地域ツキノワグマ対策協議会事業 

実施状況(平成24年度~27年度)

  • 【平成24年度】 専門研修会、ブナ・ナラ類の豊凶調査、市町村への被害防除品貸出
  • 【平成25年度】 専門研修会、現地研修会(集落環境診断研修)、講演会、検討会議、
              ブナ・ナラ類の豊凶調査、市町村への被害防除品貸出
  • 【平成26年度】 専門研修会、現地研修会(動物駆逐用煙火の取扱い)、ブナ・ナラ類の
              豊凶調査、市町村への被害防除品貸出
  • 【平成27年度】 専門研修会、現地研修会(フィールドワーク研修)、
              ブナ・ナラ類の豊凶調査(目視調査、シードトラップ調査)、
              市町村への被害防除品貸出、注意喚起看板の作成・配付

 会津地方におけるツキノワグマ対策 

 ここ数年、人里への出没や農林業被害、あるいは人身被害の発生が目立つようになり、早急に被害防除の対策をとる必要性が高まっています。
 この『会津地方におけるツキノワグマ対策』は、平成21年度から平成23年度にかけてNPO法人ふくしまワイルドライフ市民&科学者フォーラムに福島県会津地方振興局が委託して実施した会津版「人と自然の共生」促進事業(緊急雇用創出基金事業)の成果としてまとめ、主に市町村の鳥獣保護・有害鳥獣捕獲許可事務担当者等に活用していただくことを目的に作成したものです。

会津地方におけるツキノワグマ対策(全頁)

会津地方におけるツキノワグマ対策(章毎)

関連リンク

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)