ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 国際課 > 国際交流員(CIR)による出前講座

国際交流員(CIR)による出前講座

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月31日更新

国際交流員による出前講座

    国際課では、県の国際化を推進するため、「語学指導等を行う外国青年招致事業」により、国際交流員を受け入れ、活用しています。現在は、中国とニュージーランドからの国際交流員は国際課に、カナダからの国際交流員は(公財)福島県国際交流協会に勤務しています。

 3人は日本語が堪能で、県内の学校や、公民館などに出張し、それぞれ自分の国の紹介を中心とした「国際理解出前講座」を開催し、皆さんが実施されている国際理解講座、外国語文化講座等をより効果的に行えるようお手伝いをしています。 3人の簡単なプロフィールと講座の内容は次のとおりです。

中国文化理解編 ニュージーランド文化理解編 多文化共生・異文化理解編
担当:徐 銓軼  (ジョ センイ) 担当:ウィリアム・ヴォスバー (William Vosburgh ) 担当:ナオミ・オオヤ (Naomi Oya )
・中国上海市出身
・平成25年3月まで、公益財団法人福島県産業振興センター上海代表処(福島県上海事務所)で勤務
・平成25年4月から国際交流員として勤務
・ニュージーランド クライストチャーチ出身
・平成25年8月から国際交流員として勤務

・カナダ・ブリティッシュコロンビア州バンクーバー出身

 ・平成27年4月から(公財)福島県国際交流協会に国際交流員として勤務

〔内容の例〕

 ・中国の基本情報について(自然情報、観光資源、人口面積、経済通貨など)

・ 中国人について(日常生活、年中行事、民族衣装、(唐装)、中華料理、SNSなど)

・中国語について(簡単な挨拶、赤ちゃんの名付け、方言など、日本語との類似点と相違点など)

 ・上海市について(外灘、万博、森ビル、中国の経済中心など)

・福島県上海事務所で経験してきた中国国内の各種PR活動について(県産品販売、観光PRなど)

・中国人留学生について(80、90年代、00年代、10年代の変遷-例:金銭感覚、学習環境、交友関係など)

 ・その他、日中交流と中日交流について

〔内容の例〕

・ニュージーランドの文化について

 ・ニュージーランドの観光名所の紹介

・ニュージーランドの成り立ち(先住民到来、白人到来、欧州とアジア移民到来等)

 ・マオリ語について(簡単なあいさつ、日本語との類似点と相違点)

 ・ニュージーランドの独特な動物

 ・ニュージーランドと日本の文化の比較

 

〔内容の例〕

・カナダの歴史(カナダの設立から今に至る範囲)

・カナダの現状(多文化共存の実態)

・カナダの先住民と移民の話

・カナダの観光地

・カナダの気候と各地の特徴

・カナダとアメリカの関係

・アジア系カナダ人としてカナダに住むことについて

・英語について(会話)

※過去の開催例

○ 福島市福島第二小学校
○ 県立梁川高等学校
○ 福島市蓬莱小学校
○ 二本松市大平公民館
○ 福島市信夫学習センター
○ 福島市渡利小学校
○ 伊達市大田公民館

※過去の開催例

○ 桜の聖母学院小学校
○ 福島市渡利学習センター
○ 須賀川市東公民館
○ 福島市中央学習センター
○ 福島市立渡利小学校

※過去の開催例

○ 国見町立県北中学校
○ 福島市笹谷小学校
○ 福島市蓬莱小学校


 

誌上出前講座(ニュージーランド編)

国際交流員によるニュージーランド情報

※ 出前講座に係る国際交流員への報酬は不要ですが旅費についてはご負担願います。

※  派遣のお申し込みは、こちらの「国際交流員派遣等申請書」(WORD版) をご利用ください。

この事業は宝くじの収益金を財源としています