ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 一般廃棄物課 > 有害使用済機器(雑品スクラップ)の規制についてお知らせします

有害使用済機器(雑品スクラップ)の規制についてお知らせします

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月21日更新

 鉛等の有害物質を含む、使用済電子機器と金属スクラップ等が混合された物(いわゆる「雑品スクラップ」)等が、環境保全措置が十分に講じられないまま、保管や処分されることにより、火災を含む生活環境保全上の支障が生じており、その対応が必要となっています。
 このため、廃棄物処理法の改正(平成30年4月1日施行)により、使用済みとなった32品目の家電等が「有害使用済機器」として指定(廃棄物及びリユース品を除く)され、これらを扱う事業者に、届出、保管・処分に関する基準の遵守等が義務付けられました。

制度の概要は、環境省が作成したガイドラインをご覧ください。
有害使用済機器の保管等に関するガイドライン [PDFファイル/5.08MB]

対象品目

○家電リサイクル法対象4品目
 テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコン
○小型家電リサイクル法対象28品目
 電動ミシン、電気グラインダー・電気ドリル、パソコン、ヘルスメーター、電動式吸入器、フィルムカメラ、磁気ディスク・光ディスク、
 ジャー炊飯器、扇風機・電気除湿機、電気アイロン・電気掃除機、電気こたつ・電気ストーブ、ヘアドライヤー・電気かみそり、
 電気マッサージ器、ランニングマシン、電気芝刈機、蛍光灯器具、電話機・ファクシミリ、携帯電話・PHS、ラジオ受信機 等

届出

○法の施行(平成30年4月1日)時点で、既に有害使用済機器の保管又は処分を行っている場合は、平成30年10月1日までの届け出が必要となります。
○新規に有害使用済機器の保管又は処分を業として行う場合は、事業を開始する10日前までに届出が受理される必要があります。
※以下の場合は、届け出対象外となります(詳細は、廃棄物処理法施行規則第13条の2 参照)。
 ・法令に基づき環境保全上の措置が講じられ、環境汚染のおそれがないと考えられる者(廃棄物処理法の許可等を受けた者)
 ・行政機関
 ・事業場の敷地面積が100平方メートル未満の場合(保管場所等の面積ではありません)
 ・本業に付随して有害使用済機器の保管のみを一時的に行う場合

【届出先】

保管場所等の所在地届出先
福島市福島市清掃管理課
郡山市郡山市廃棄物対策課
いわき市いわき市廃棄物対策課
上記以外

県の各地方振興局環境課
(南会津は県民環境課)

【届出様式】

・有害使用済機器保管等届出書(様式第35号の2) [Wordファイル/19KB]

・有害使用済機器保管等変更届出書(様式第35号の3) [Wordファイル/16KB]

・有害使用済機器保管等廃止届出書(様式第35号の4) [Wordファイル/15KB]

保管基準

 有害使用済機器の保管については、廃棄物処理法施行令第16条の3で定められています。
 主な基準は以下のとおりです。
・囲いを設けること
・掲示板を設置すること
・屋外で容器を用いずに保管する場合は、法令で定められた高さを超えないこと
・土壌・地下水汚染を防止するための措置を講じること
・屋外で容器を用いずに保管する場合は、飛散・流出を防止するための措置を講じること
・騒音・振動等により生活環境保全上の影響を与えないための措置を講じること
・火災を防止するための措置を講じること
・害虫の発生等を防止するための措置を講じること

関係リンク

 平成29年改正廃棄物処理法について(環境省ホームページ)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。