ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 社会福祉課 > 旧陸軍軍人の兵籍簿等の開示について

旧陸軍軍人の兵籍簿等の開示について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月8日更新

旧陸軍軍人の兵籍簿等の開示を申請するには

 県では、終戦当時の本籍が福島県であった旧陸軍軍人等の兵籍簿等を保管しておりますが、個人情報の保護を図るため、原則として非公開としています。
 ただし、兵籍簿等に記載されている御本人または三親等以内の遺族の方から申請があり、適当と認められる場合には、兵籍簿等の開示(写しの交付)を行っています。
 兵籍簿等の開示(写しの交付)を希望される方は、兵籍簿等開示申請書に次に掲げる書類を添付し、郵送で申請してください。

 なお、兵籍簿等については希に保管されていない場合も有りますので、事前に電話や電子メールで保管の有無をご照会頂ければ確認いたします。

  ・ 申請書の様式はこちら<兵籍簿等開示申請書

1 御本人(旧陸軍軍人)が請求する場合

(1) 御本人の身元が確認できる書類の写し
    例:運転免許証、パスポート、戦傷病者手帳、身体障害者手帳、その他官公庁が発行した写真付きの身分証 
     (以上によりがたい場合は、健康保険・国民健康保険等の被保険者証)

(2) 返信用切手(92円分)

2 三親等内の遺族の方が請求する場合

(1) 開示申請の対象となる旧軍人と「三親等以内」であることが確認できる戸籍謄本等の書類(コピー不可※確認後お返しします)。

    ※同姓同名による錯誤防止の観点から、氏名のみでなく、生年月日等も含めた戸籍情報を確認させて頂いております。

    (旧軍人等からたどり、申請者までの関係を確認できる戸籍謄本等一式が必要となりますのでご注意下さい)

    ・ 戸籍謄本の取得例

   1) 申請者が旧軍人等の子の場合  

     旧軍人等 →  申請者 

     (旧軍人等の戸籍謄本の中に、旧軍人等が親として、申請者が子として記載されているもの)

   2) 申請者が旧軍人等の孫の場合  

      2)-1 旧軍人等 → 申請者の親 

          (旧軍人等の戸籍謄本の中に、旧軍人等が親として、申請者の親が子として記載されているもの)

      2)-2 申請者の親 → 申請者

          (申請者の親の戸籍謄本の中に、申請者が子として記載されているもの)

   3) 申請者が旧軍人等の兄弟姉妹の場合

     旧軍人等 → 申請者

     (旧軍人等の戸籍謄本の中に、旧軍人等と申請者が兄弟姉妹として記載されているもの)

   4) 申請者が旧軍人等の甥、姪の場合

      4)-1 旧軍人等 → 兄弟姉妹

          (旧軍人等の戸籍謄本の中に、旧軍人等と申請者が兄弟姉妹として記載されているもの)

      4)-2   兄弟姉妹 → 申請者     

          (旧軍人等の兄弟姉妹の戸籍謄本の中に、申請者が子として記載されているもの)

(2) 開示申請者(遺族の方)の身元が確認できる書類の写し (上記1(1)の(例)と同じ。)

(3) 返信用切手(92円分) 

旧海軍軍人の兵籍簿等の開示について

 旧海軍軍人等の兵籍簿等は厚生労働省で管理しておりますので、開示を希望される方は厚生労働省社会・援護局業務課へお問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)