ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 健康増進課 > 福島県のがん検診情報について

福島県のがん検診情報について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月12日更新

福島県生活習慣病検診等管理指導協議会の提言内容(平成24年度) [PDFファイル/120KB]

一日の検診、毎日の安心へ。

 福島県の死因別死亡率(人口10万対)の推移によると、昭和35年以降、がん、心疾患、脳血管疾患等のいわゆる生活習慣病が上位を占めています。  

その中でもがんは、昭和59年に脳血管疾患による死亡を抜き死因の第1位となり、その後も死亡率は上昇し続け、平成25年では315.4(人口10万対)で、総死亡者数に占める割合も全体の25.9%と、現在も本県における死因の第1位となっています。  

がんの治療は、近年の医療技術の進歩により、胃がん、大腸がん、乳がんなどは早期の発見により高い確率で治癒しており、がんは早期発見・早期治療が重要となっています。


がん検診 早く見つけて 治す時代(とき)

がんを早期に発見し、早期の治療を行うためは、 定期的にがん検診を受診することが必要です ! !
がん検診へ出陣じゃ!

○ 県内市町村のがん検診担当窓口一覧 [PDFファイル/310KB](平成28年4月1日現在)

○ 市町村健診・検診情報「健診・検診を受けましょう!!」(平成28年4月6日現在)

○ 福島県生活習慣病検診等管理指導協議会の提言内容(平成27年度)

  循環器疾患部会[PDFファイル/89KB]

  胃がん部会 [PDFファイル/105KB]

  肺がん部会 [PDFファイル/104KB]

  大腸がん部会 [PDFファイル/94KB]

  乳がん部会 [PDFファイル/104KB] 

     子宮がん部会 [PDFファイル/105KB]  

※県では、専門的な見地から適切な指導等を行うため、「福島県生活習慣病検診等管理指導協議会」を設置し、検診の実施方法や精度管理の在り方について検討を行っています。 

 ※福島県生活習慣病検診等管理指導協議会の提言内容(平成26年度)  【PDF形式】

   福島県生活習慣病検診等管理指導協議会の提言内容(平成25年度) 【PDF形式】

   福島県生活習慣病検診等管理指導協議会の提言内容(平成24年度) 【PDF形式】

○ 「女性特有のがん検診推進事業」に関する情報

○ 「がん検診及び各種健診機関」に関する情報(福島県医師会ホームページにリンク)

福島県の「がん検診」に関する情報(子宮がん・乳がん・肺がん検診)

・ 「がん検診を受けましょう」 表  裏 【PDF形式】(平成25年5月作成)

・ 「がん検診」愛する家族への贈りもの リーフレットポスター【PDF形式】 
※「福島県がん検診受診促進企業包括連携に関する協定」締結企業作成のがん検診リーフレット・ポスター

福島県の「乳がん検診」に関する情報

・ 福島県マンモグラフィ乳がん検診施設  福島県医師会ホームページへ

・ 「乳がん検診を受けましょう」【PDF形式】
 ※福島県生活習慣病検診等管理指導協議会作成の乳がん検診リーフレット

福島県の「子宮がん検診」に関する情報

 ・ 「20歳になったら子宮がん検診を受けましょう」 【PDF形式】
 ※福島県生活習慣病検診等管理指導協議会作成の子宮がん検診リーフレット

その他の検診に関する情報  

 ・ 「肺がん検診を受けましょう」 【PDF形式】
 ※福島県生活習慣病検診等管理指導協議会作成の肺がん検診リーフレット

 ・ 肝炎ウイルス検診について
 ※満40歳になる方、または、41歳以上の方で過去に肝炎ウイルス検診に相当する検診を受けたことがない方などは、お住まいの市町村で肝炎ウイルス検診を受診することが出来ます。詳しくは、市町村の検診担当窓口 にお問い合わせ下さい。
 ※ また、今までに肝炎ウイルス検査を受けたことがない方で、市町村の健康診断等で検査の機会がない方などは、各保健所または委託医療機関において無料で検診を受けることが出来ます。詳しくは、肝炎ウイルス検査のホームページへ。

「がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間」について     

10月1日から10月31日までの期間において標記集中キャンペーン月間を実施しています。  国・企業・地方自治体・関係団体等が連携して各種施策等を展開しています。詳しくは、下記ホームページをご確認ください。  がん予防の必要性を認識し、がん検診を受診しましょう!!  がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間ホームページ(厚生労働省HPへ)

 がん検診めざせ受診率50%                   

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)