ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 健康増進課 > がん検診を受けましょう!

がん検診を受けましょう!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月16日更新

一日の検診、毎日の安心へ。

 福島県の死因別死亡率(人口10万対)の推移によると、昭和35年以降、がん、心疾患、脳血管疾患等のいわゆる生活習慣病が上位を占めています。  

その中でもがんは、昭和59年に脳血管疾患による死亡を抜き死因の第1位となり、その後も死亡率は上昇し続け、平成25年では315.4(人口10万対)で、総死亡者数に占める割合も全体の25.9%と、現在も本県における死因の第1位となっています。  

がんの治療は、近年の医療技術の進歩により、胃がん、大腸がん、乳がんなどは早期の発見により高い確率で治癒しており、がんは早期発見・早期治療が重要となっています。  

がんは「予防」と「検診」が大切です。

 日本人の2人に1人が一生の間にがんにかかり、3人に1人ががんによって亡くなるといわれています。毎日の生活習慣の中での「がんの予防」と、何もないことを確かめる「がん検診」の両方が皆さんををがんから守ります。

がんの予防

5つの生活習慣

 出展:国立がん研究センターがん情報サービス「科学的根拠に基づくがん予防」より

 以下の「5つの生活習慣」に気をつけることで、将来がんにかかるリスクが約半減するといわれています。

 詳しくは科学的根拠に基づくがん予防(国立がん研究センターホームページ)をご覧ください。

 1 禁煙をする

 ・ たばこを吸わない、吸っている人は禁煙する。

 ・ 他人のたばこの煙を避ける。

2 節度のある飲酒をする

 ・ 飲まない人、飲めない人は無理に飲まないようにする。

 ・ 飲む場合は純エタノール量換算で1日あたり約23g程度までとする。

   ※1日の飲酒量の目安

    ●日本酒 … 1合  ●ビール大瓶(633ml) … 1本 ●焼酎・泡盛 … 原液で1合の2/3
    ●ウィスキー・ブランデー … ダブル1杯                 ●ワイン … ボトル1/3程度

3 食生活を見直す

 ・ 減塩をする。(1日当たりの塩分の目安:男性8.0g、女性7.0g)

 ・ 野菜、果物を多く食べる。(野菜は1日350gを目標に)

 ・ 熱い飲み物は少し冷ましてから口にする。

4 身体を動かす

 ・ 現在の身体活動量を少し増やす。(1日あと10分歩くなど) 

 ・ 運動習慣をもつ。(30分以上の運動を週に2日など)

5 適正体重を維持する

 ・ 男性はBMI値21~27、女性はBMI値21~25の範囲になるように体重を管理する。

   ※ BMI値=(体重kg)/(身長m)2

がん検診

5つのがん検診

 ※「胃部エックス線検診」は40歳以上を対象、検診間隔は年1回です。(上記画像の補足)

 上記の「5つのがん検診」は、受診することでがんでの死亡率が低下することが科学的に証明されています。

 お住まいの市町村または、職場において、定期的な検診を受けましょう。

 詳しくは、がん検診について(国立がん研究センターホームページ)をご覧ください。

がん検診はどこで受けられる?

 ・ お住まいの市町村の健診・検診の日程はこちらから

がん検診の受診率

 ・ がん検診の受診率・品質管理のデータはこちらから

がん検診受診率向上の取り組み

がん検診連携企業

 ・ 17の企業と、「がんの正しい知識」の普及と「がん検診受診率」の向上のため、様々な取り組みを行っています。

がん検診キャッチフレーズ

 ・ 県民の皆様から、「がん検診に行きたくなる」キャッチフレーズを募集しています。

  ☆ 平成29年度の最優秀賞「がん検診 助かる命 つながる命」

がん検診啓発フェア

 ・ 9~11月のがん啓発月間にあわせて、県民参加型のイベントを開催しています。

がん検診推進員

 ・ 現在までに約3,200人の方に対して研修会を実施し、がん検診への声かけなどの活動をご協力いただいております。

学生の活動

 ・ いわき明星大学の学生達と共に、啓発資材の配布や、SNSの活用、イベントにおける協力など、さまざまな活動を行っています。

 ⇒ いわき明星大学「やんきゃん」Twitter

推進月間等

 ・ 9月はがん征圧月間です。 (日本対がん協会のホームページへ)

 ・ 10月は乳がん月間です。

 ・ 11月は子宮頸がん月間です。 

 ・ がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン(厚生労働省のホームページへ)

啓発資材の作成

 ※各種チラシをダウンロードして啓発等にご自由にお使いください。

 ・ がん・生活習慣病の予防を実践してみませんか?(第1号~第5号)

   第6号 適度な運動は、健康への近道です! [PDFファイル] (平成29年3月発行)

   第5号 あなたの肝臓、大丈夫ですか? [PDFファイル] (平成29年3月発行)

   第4号 女性特有のがん検診について [PDFファイル] (平成27年10月発行)

   第3号 健康とたばこについて考えてみましょう。 [PDFファイル] (平成26年12月発行)

   第2号 禁煙にチャレンジしてみませんか?    [PDFファイル] (廃盤)

       第1号 がんや生活習慣病は、食生活や喫煙、運動、飲酒と密接に関係があります。  [PDFファイル] (廃盤)

  がん検診めざせ受診率50% 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)