ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 子育て・医療・福祉 > 保健・医療 > 医療・保健 > 上手にお医者さんにかかるための十六ヶ条

上手にお医者さんにかかるための十六ヶ条

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月1日更新

医療って?

私たちは、身体の状態が悪くなるとお医者さんにかかりますが、医療の役割とは何でしょうか?「今ある技術を駆使して、病気や事故によって損なわれた健康を取り戻す手助けをすること」だと思います。しかし、その「手助け」は、不確実なことや限界もありますし、場合によっては危険なこともあります。

患者は、医療を受ける主体ですし、患者の立場が最優先で考えられるべきです。医療機関は、患者に対する情報提供や話し合いを十分に行い、その上で患者は自ら治療方法を選択して、医療に主体的に参加していくことが大切で、患者と医療機関やその従事者が情報を共有し、相互信頼と協力関係の下で医療が実施される必要があります。 では、どのような心構えで医療を受ければ良いでしょうか。本書では、相互信頼・情報の共有、医療費の節約に分けて、以下の16項目にまとめてみましたが、まずは、患者自らが「いのちの主人公」「からだの責任者」であるとの自覚を持つことが大切です。

上手にお医者さんにかかるには?

相互信頼・情報の共有

  1. 伝えたいことはメモして準備
  2. 対話の始まりはあいさつから
  3. よりよい関係づくりはあなたにも責任が
  4. 自覚症状と病歴はあなたの伝える大切な情報
  5. これからの見通しを聞きましょう
  6. その後の変化を伝える努力を
  7. 大事なことはメモをとって確認
  8. 納得できないときは何度でも質問を
  9. 医療にも不確実なことや限界がある
  10. 治療方法を決めるのはあなたです

医療費の節約

  1. お医者さんのかけ持ちはやめましょう
  2. 時間外、休日受診はなるべく避けましょう
  3. 薬をたくさんほしがるのはやめましょう
  4. かかりつけ医を持ちましょう
  5. お医者さんを信頼し、指示を守りましょう
  6. 定期的に健康診断を受け、病気の早期発見・早期治療を心がけましょう

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。