ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

地域医療体験研修事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月6日更新

地域医療に関心を持つ医学生と看護学生を対象に、奥会津地域の医療の現状視察や住民との交流を通して地域医療や地域の現状について理解を深めてもらう研修を開催しています。

中点 平成29年度医学生のための地域医療体験研修を開催しましたnew

中点 平成29年度看護学生のための地域医療体験研修を開催しました

中点 平成28年度医学生のための地域医療体験研修を開催しました

中点 平成28年度看護学生のための地域医療体験研修を開催しました

中点 平成27年度医学生のための地域医療体験研修(夏期)を開催しました

中点 平成27年度看護学生のための地域医療体験研修を開催しました

 ※ 過去の研修については、こちらをご覧ください

中点 「奥会津の地域医療」人材育成事業について

※ その他の地域における地域医療体験研修はこちらをご覧ください(福島県地域医療支援センターのページにリンクしています)

平成29年度医学生のための地域医療体験研修を開催しました

実施報告集 [PDFファイル/1.92MB]

期日

平成29年8月23日(水曜日)~8月25日(金曜日) 〔2泊3日〕
参加者数13名
研修場所福島県三島町、金山町、只見町、南会津町、下郷町、会津若松市
内容

行程表 [PDFファイル/127KB]

1、地域医療現場の視察
  会津・南会津地域の診療現場及び社会福祉施設を視察しました。
  〔視察先〕特別養護老人ホーム「かねやまホーム」、只見町国民健康保険朝日診療所、
         福島県立南会津病院、会津中央病院

2、地域住民・地域医療に従事する医療従事者との懇談
  地域住民(地域おこし協力隊を含む)からは過疎・中山間地域における生活の現状を、
  上記機関の医療保健福祉従事者からは過疎・中山間地域における医療・介護の現状や
  各機関の役割など生の声を聞き、意見交換を行いました。

3、課題研究のまとめ及び発表
  地域医療体験研修に参加して感じたことや学んだことをまとめ、発表し、学びを共有しま
  した。
  

宿泊施設玉梨温泉 恵比寿屋(金山町)、民宿 舘乃湯(下郷町)
集合場所JR福島駅、または福島県立医科大学
費用集合場所からの旅費は県で負担(参加費用は無料)
お問合せ先

福島県会津保健福祉事務所 総務企画部 総務企画課

電話  0242-29-5506   Fax  0242-29-5509

E-mail  aidu.hokenfukushi@pref.fukushima.lg.jp

 

平成29年度看護学生のための地域医療体験研修を開催しました

実施報告集 [PDFファイル/1.94MB]
期日平成29年8月3日(木曜日)~4日(金曜日)(1泊2日)
対象者会津管内の看護学校に在籍し、地域医療に関心を持つ学生(高校生を除く。)
場所福島県柳津町、三島町、只見町
内容

 実施要項 [PDFファイル/139KB]      行程表 [PDFファイル/112KB]

 参加申込書 [PDFファイル/652KB]     ポスター [PDFファイル/527KB]

(1)地域医療を担う医療現場(高齢者施設含む)を知る

   奥会津地域の医療現場を見学し、地域医療への理解を深める。

  〔見学予定先〕福島県立宮下病院、特別養護老人ホーム福柳苑(柳津町)

           只見町国民健康保険朝日診療所(只見町)

(2)地域で働く看護職等の実情を知る

   看護職等との意見交換や懇談を通じて、地域で働く看護職等の生の声を聴くことにより、

  地域医療を支える看護職への理解を深める。

(3)地域で生活する人の実情を知る

   通院患者との面接により、疾患を持ちながら地域で生活している人々への理解を深めるとともに、
   地域おこし協力隊との交流を通じて、過疎・中山間地域における生活の現状について理解を深め
   る。 

宿泊施設ゆの宿松屋(只見町大字只見字新町2064)

集合場所

福島県会津保健福祉事務所
費用交通費、食費、宿泊費等の参加費用は無料
お問合せ先

福島県会津保健福祉事務所 総務企画部 総務企画課

電話  0242-29-5506   Fax  0242-29-5509

E-mail  aidu.hokenfukushi@pref.fukushima.lg.jp

 

平成28年度医学生のための地域医療体験研修(夏期)を開催しました

実施報告集 [PDFファイル/1.63MB]

期日

平成28年8月24日(水曜日)~8月26日(金曜日) 〔2泊3日〕
参加者数15名
研修場所福島県柳津町、金山町、只見町、下郷町、会津若松市
内容

行程表 [PDFファイル/125KB]

1、地域医療現場の視察

2、地域住民・地域医療に従事する医療従事者との懇談

3、課題研究及び発表

4、会津地域の歴史と文化に触れる。

宿泊施設玉梨温泉 恵比寿屋(金山町)、民宿 舘乃湯(下郷町)
集合場所JR福島駅、または福島県立医科大学
費用集合場所からの旅費は県で負担(参加費用は無料)
申込方法

Faxまたは電子メールにより福島県地域医療支援センターあてに申込書を送付してください。

申込先HP:医学生対象の地域医療体験研修

お問合せ先

福島県会津保健福祉事務所 総務企画部 総務企画課

電話  0242-29-5506   Fax  0242-29-5509

E-mail  aidu.hokenfukushi@pref.fukushima.lg.jp

 

平成28年度看護学生のための地域医療体験研修を開催しました

実施報告集 [PDFファイル/1.85MB]

期日

平成28年8月1日(月曜日)~2日(火曜日) 1泊2日

対象者

会津管内の看護学校に在籍し、地域医療に関心を持つ学生(高校生を除く)

場所

福島県三島町、昭和村、只見町

内容

 実施要項 [PDFファイル/139KB]   行程表 [PDFファイル/113KB]
 チラシ [PDFファイル/987KB]     ポスター [PDFファイル/398KB]       

(1)地域医療を担う医療現場を知る。

  奥会津・南会津地域の医療現場(高齢者施設含む)を見学し、地域医療への理解を深める。

  《見学予定先》 福島県立宮下病院、特別養護老人ホーム桐寿苑

            只見町国民健康保険朝日診療所

(2)地域で働く看護職者の実情を知る。

  看護職者との意見交換や懇談を通じて、地域で働く看護職者の声を聴くことで、

  地域医療を支える看護職者の役割について理解を深める。

(3)地域で生活する人の実情を知る。

  地域住民との懇談や郷土料理作り体験、通院する患者さんへの同行、交流を

  通じて、地域で生活する人への理解を深める。

宿泊施設

昭和村温泉しらかば荘

集合場所

福島県会津保健福祉事務所

費用

交通費、食費、宿泊費等の参加費用は無料。

お問合せ先

福島県会津保健福祉事務所 総務企画部 総務企画課

電話  0242-29-5506   Fax  0242-29-5509

E-mail  aidu.hokenfukushi@pref.fukushima.lg.jp

 

平成27年度医学生のための地域医療体験研修(夏期)を開催しました

実施報告集 [PDFファイル/1.39MB]

期日

平成27年8月31日(月曜日)~9月2日(水曜日) 〔2泊3日〕
参加者数15名
研修場所福島県昭和村、三島町、只見町、会津若松市
内容

行程表 [PDFファイル/115KB]

1、地域医療現場の視察

2、地域住民・地域医療に従事する医療従事者との懇談

3、課題研究及び発表

4、会津地域の歴史と文化に触れる

宿泊施設季の郷 湯ら里(只見町)、瀞流の宿 かわち(柳津町)
集合場所JR福島駅、または福島県立医科大学
費用集合場所からの旅費は県で負担します。(参加費用は無料)
申込方法

Faxまたは電子メールにより福島県地域医療支援センターあてに申込書を送付してください。

申込先HP:医学生対象の地域医療体験研修

お問合せ先

福島県会津保健福祉事務所 総務企画部 総務企画課

電話  0242-29-5506   Fax  0242-29-5509

E-mail  aidu.hokenfukushi@pref.fukushima.lg.jp

 

平成27年度看護学生のための地域医療体験研修を開催しました

期日

平成27年8月6日(木曜日)~7日(金曜日) 1泊2日

対象者

会津管内の看護学校に在籍し、地域医療に関心を持つ学生(高校生を除く)

場所

福島県三島町、只見町

内容

実施要項 [PDFファイル/138KB]       行程表 [PDFファイル/112KB]

参加申込書 [Wordファイル/47KB]      ポスター [PDFファイル/270KB]

(1)地域医療を担う医療現場を知る

  奥会津・南会津地域の医療現場(高齢者施設含む)を見学し、地域医療への理解を深める。

  《見学予定先》 福島県立宮下病院、特別養護老人ホーム桐寿苑

            只見町国民健康保険朝日診療所

(2)地域で働く看護職者の実情を知る

  看護職者との意見交換や懇談を通じて、地域で働く看護職者の声を聴くことで、

  地域医療を支える看護職者の役割について理解を深める。

(3)地域で生活する人の実情を知る

  地域住民との懇談や郷土料理作り体験、通院する患者さんへの同行、交流を

  通じて、地域で生活する人への理解を深める。

宿泊施設

季の郷 湯ら里(只見町)

集合場所

福島県会津保健福祉事務所

費用

交通費、食費、宿泊費等の参加費用は無料です

お問合せ先

福島県会津保健福祉事務所 総務企画部 総務企画課

電話  0242-29-5506   Fax  0242-29-5509

E-mail  aidu.hokenfukushi@pref.fukushima.lg.jp

 

過去の地域医療体験研修

平成26年度

医学生
(冬季)

平成27年2月26日~27日実施要項 [PDFファイル/132KB]行程表 [PDFファイル/134KB]報告集 [PDFファイル/1.75MB]
看護学生平成26年8月4日~5日実施要項 [PDFファイル/129KB]行程表 [PDFファイル/112KB]報告集 [PDFファイル/1.81MB]
平成25年度夏期研修平成25年9月4日~6日募集案内 [PDFファイル/3.02MB]日程表 [PDFファイル/82KB]報告集 [PDFファイル/3.09MB]
冬期研修平成26年2月24日~26日募集案内 [PDFファイル/301KB]日程表 [PDFファイル/123KB]
同行研修平成26年3月4日~5日募集案内 [PDFファイル/631KB]日程表 [PDFファイル/98KB]報告集 [PDFファイル/2.1MB]

平成24年度

夏期研修平成24年9月4日~6日募集案内 [PDFファイル/435KB]日程表 [PDFファイル/102KB]報告集 [PDFファイル/3.5MB]
冬期研修平成25年2月28日~3月1日募集案内 [PDFファイル/1.52MB]日程表 [PDFファイル/71KB]報告集 [PDFファイル/4.22MB]
同行研修

平成25年3月7日~8日

募集案内 [PDFファイル/435KB]日程表 [PDFファイル/66KB]報告集 [PDFファイル/2.37MB]

平成23年度

夏期研修

平成23年8月4日~6日

募集案内 [PDFファイル/324KB]日程表 [PDFファイル/75KB]報告集 [PDFファイル/3.5MB]

冬期研修

平成24年2月24日~25日募集案内 [PDFファイル/873KB]日程表 [PDFファイル/85KB]報告集 [PDFファイル/4.51MB]
一日体験研修平成24年2月28日~29日募集案内 [PDFファイル/290KB]日程表 [PDFファイル/72KB]

平成22年度

夏期研修平成22年9月2日~4日募集案内 [PDFファイル/13KB]日程表 [PDFファイル/53KB]報告集 [PDFファイル/4.63MB]
冬期研修平成23年2月25日~26日募集案内 [PDFファイル/11KB]日程表 [PDFファイル/43KB]募集案内 [PDFファイル/2.02日MB]
一日体験研修平成23年3月2日~3日募集案内 [PDFファイル/86KB]日程表 [PDFファイル/86KB]

平成21年度

夏期研修

平成21年8月27日~29日

開催結果 [PDFファイル/284KB]日程表 [PDFファイル/48KB]

冬期研修

平成22年2月25日~26日

平成20年度

夏期研修平成20年8月25日~27日開催結果 [PDFファイル/266KB]日程表 [PDFファイル/13KB]体験談 [PDFファイル/168KB]
冬期研修

平成21年2月26日~27日

募集案内 [PDFファイル/253KB]開催結果 [PDFファイル/229KB]体験談 [PDFファイル/164KB]

平成19年度

夏期研修平成19年8月22日~24日開催結果 [PDFファイル/221KB]日程表 [PDFファイル/12KB]

冬期研修

平成20年2月26日~27日開催結果 [PDFファイル/172KB]日程表 [PDFファイル/11KB]

 

過去の参加者の体験談

過去の参加者1

 研修で見学した4ヵ所の医療機関は、それぞれが地域の中で異なる役割を担っていた。村唯一の診療所や地域の救急搬送を一手に担う消防署、地域の二次中核病院、そして地域の病院を統合して新たに作られた病院。地域医療で行える医療行為は限られていると思っていたが、むしろ地域では地域だからこそ行える医療があった。そこで生活する人に寄り添い、患者だけでなく患者の家族のことまで考えた、土地と人に根ざした医療。雪の中でも少ない人員であっても出動要請があれば救急車を走らせ駆けつけてくれる救急隊員。自分の専門の科以外の疾患であっても急患の診察を受け容れる当直医。地域最新鋭の医療設備を以て幅広い患者を診る病院。患者を待つのではなく患者の元へ医師が向かう・患者の受け容れを拒否しない、など患者の立場に立った医療が行われていると知った。奥会津の医療システムだけでなく、そこに住む人の文化や気風など、座学では決して見ることのできない部分をこの研修のおかげで見ることができ、本当に嬉しく思う。

過去の参加者2

 地域医療研修では、普段の大学の授業ではなかなか体験することのできないとても貴重な経験ができたと思う。百聞は一見に如かずという言葉のように、今まで何度もへき地医療という言葉を聞いてきたが、実際に生の現場を見たことでその場所で働いている方々の姿が強く心の中に残った。24時間体制で休みもとらずに働いている医師の方が「大変だとは思わないし、特別なことをしているわけではない」と言っていたことが非常に印象的だった。またへき地医療に従事する医師と住民の方々との間にはお互いを思いやる家族のような関係性が見られ、地域医療の中にある温かさというものを感じることができた。

過去の研修の様子

 過去の研修の様子

「奥会津の地域医療」人材育成事業

事業の目的・趣旨

 医学部生を対象に、奥会津の地域医療や地域の現状について理解を深めてもらうため、地域医療の現場視察や地域住民との交流などを体験する「地域医療体験研修」を実施しています。

 

これまでの研修参加者数

大学別参加者数 (参加者累計210人)

福島県立医科大学

秋田大学

山形大学

自治医科大学

獨協医科大学

163人

15人

7人

6人

3人

帝京大学

新潟大学

昭和大学

藤田保健衛生大学

東北大学

3人

3人

2人

2人

1人

山梨大学

群馬大学

東京大学

東京医科歯科大学

愛知医科大学

1人

1人

1人

1人

1人

 

学年別参加者数(参加者累計210人)

1年

2年

3年

4年

5年

6年

86人

20人

61人

21人

20人

2人

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)