ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 雇用労政課 > 平成28年度ワーク・ライフ・バランス大賞が決定しました!

平成28年度ワーク・ライフ・バランス大賞が決定しました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月24日更新

 県では、平成17年度から本県独自の制度として、子育てしやすい職場環境づくり、仕事と家庭の両立支援、男女共同参画等に積極的に取り組んでいる企業を認証する「福島県次世代育成支援企業認証制度」を実施しています。

 「福島県次世代育成支援企業認証制度」に基づき認証を取得している企業のうち、「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)」に関して取組が特に優れた企業に対して表彰を行っております。

応募方法

 表彰はアンケート調査の内容をもとに選考会を行い、受賞企業を決定します。

 平成28年度の募集は終了しました。

表彰式

 日時 平成28年度12月1日(木曜日)

     13時30分より

 場所 福島県男女共生センター 1階 研修ホール

     (二本松市郭内一丁目196-1)

 表彰式の後、引き続き各企業の取組内容の発表と、福島県男女共生センター主催の「ふくしまW L Bフォーラム」にて、「秘訣を伝授!今からできる川島流ワーク・ライフ・バランス実践録」を開催します。

 そちらも併せて是非御参加ください。

 なお、参加につきましては事前申し込みが必要となります。詳しくはチラシを御覧ください。

 セミナー・表彰式チラシ [PDFファイル/791KB]

平成28年度受賞企業

福島県ワーク・ライフ・バランス大賞

  • 総合的に最も取組が進んでいる企業

 福島キヤノン株式会社 (製造業・福島市)

  ・男性の育児休業取得者の最長取得日数が89日と長いこと

  ・育児休業は、満3歳未満の子を育てる者を対象としており、法定以上の定めとなっていること(法定は子が1歳になる前日まで。)

  ・女性の育児休業取得率は100%であること

  ・リフレッシュ休暇を定めていること(勤続年数に応じて特別休暇を付与)

  ・休業していた者への育児休業支援プログラム(e-ラーニングや復帰に役立つ情報提供等)を定めていること

  等、総合的に優れた取組がされています。

福島県ワーク・ライフ・バランス男女共同参画大賞

  • 総合的に取組が進んでおり、男女がともに仕事と家庭の両立が図られるよう取り組んでいる企業

 日本精測株式会社 (コンサル業/介護業・会津若松市)

  ・事業所内託児施設があること

  ・個人の能力に応じて、非正規雇用の正社員への登用を図っている

  ・女性の管理職の割合も22.2%であること(課長相当職以上の割合)

  ・会津地方のサービス業で初めてくるみん認定を取得していていること

  等、男女が共に働きやすい環境づくりに取り組んでいる。

  ※くるみん認定(次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定した企業のうち、計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業が、申請を行うことによって「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣が認定するもの。)

福島県ワーク・ライフ・バランス先進的取組大賞(旧:アイディア大賞)

  • 総合的に取組が進んでおり、先進的かつ特徴的な取組を行っている企業

 ソニーエナジー・デバイス株式会社  (製造業・郡山市)

  ・積立休暇として、時効により消滅した年休の一部を積み立て、育児・介護・ボランティア等の特定事由で使用できる制度を定めていること 

  ・近隣飲食店やフィットネスジムと提携して「ゆう活プラン」として、夏季期間中の平日の夕方、社員が格安で利用できるプランを用意している 

  ・夏季期間中は、ノー残業デー(水、金曜日)の時間外の社内会議室予約を禁止している

  等、早めの退勤の雰囲気・きっかけ作りとして、先進的な取組を行っている。


各年度受賞企業詳細

  平成27年度受賞企業[Wordファイル/28KB]

  平成26年度受賞企業[Wordファイル/28KB]

  平成25年度受賞企業[PDFファイル/92KB]

  平成24年度受賞企業[PDFファイル/87KB] 

  平成22年度受賞企業[PDFファイル/69KB]

  平成21年度受賞企業[PDFファイル/115KB]

    ※過年度受賞企業一覧はこちら [PDFファイル/66KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)