ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

協会概要について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月13日更新

公益財団法人福島県障がい者スポーツ協会とは

設立趣意書

障がい者にとってのスポーツは心身の健康増進はもとより、リハビリテーションに役立つとともに交流の輪を広げ社会参加を促進するうえで極めて重要な位置を占めるものである。

本県の「障がい者自立・共生ふくしまプラン」は、リハビリテーションとノーマライゼーションの基本理念に基づき、障がい者をとりまく社会のあらゆる分野において「完全参加と平等」の実現を基本目標として各種施策を推進するものである。

このための方策としてスポーツは重要な役割を果たすものであり、スポーツ振興を通して「ともに生きる社会」の形成に向けて努力していく必要がある。

また、先の第31回全国身体障害者スポーツ大会「うつくしまふくしま大会」は、ボランティアをはじめ多くの方々に支えられ、成功裡に終了したが、これを契機に高まりを見せた障がい者スポーツへの関心を持続し、さらに今後一層障がい者スポーツを振興することが障がい者の社会参加等の促進にとって重要である。

ついては、身体障がい者のみならず知的障害者も対象に含めた障がい者スポーツの振興を、競技仲間とそれを支える多くの人々の協力を得ながら、総合的に推進するための中核的組織として「財団法人福島県障がい者スポーツ協会」を設立するものであり、もって、障がい者の生活の質を高め、誰もが「こころに虹」を抱きいきいきと暮らすことのできる福祉社会、すなわち、全ての人の参加による全ての人のための平等な社会の実現にに寄与するものである。

▲このページ上部へ

事業計画及び事業・決算報告

事業計画

事業・決算報告

▲このページ上部へ

役員一覧

 ▲このページ上部へ

財産について

  • 基本財産2億円(全額福島県が出損)
  • 事業執行のための主な財源
     賛助会費収入
      運用財産収入
      県からの事業委託等

▲このページ上部へ 

賛助会員募集

「ともに生きる社会」の形成に向けて、私たちはスポーツを架け橋として障がい者の自立に向け努力しようとしています。
しかし、その障がい者スポーツの振興を推進するためには、多くの会員の方々のご協力が必要です。
温かいご支援を心よりお願い申し上げます。

賛助会員内訳
区分会費(年額)
個人賛助会員1口 1,000円(1口以上)
団体賛助会員1口 10,000円(1口以上)
市町村賛助会員理事長が定める額
  • 賛助会員になられた方は名簿に登録され、「スポーツ協会だより」を送付させていただきます。
  • 会費は、スポーツ協会が行う各種事業実施のための経費に使用させていただきます。
  • 会費は、スポーツ協会専用振込用紙により銀行振込にてお願いいたします。(手数料は不要です。)

賛助会員についてのお問い合わせは、下記にご連絡ください。

〇郵便番号:960-8670
〇福島県福島市杉妻町2番16号 県庁西庁舎11階 県企画調整部 文化スポーツ スポーツ課内
  公益財団法人 福島県障がい者スポーツ協会

▲このページ上部へ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


イベント案内のページにリンクします。
▲障がい者スポーツのイベントはこちら

活動ブログのページにリンクします。
▲新着の活動やイベント報告はこちら

最新情報について
当協会について
各種ダウンロードについて
福島県障がい者スポーツ指導者協議会活動について

サントリー東北サンさんプロジェクトのページにリンクします。
▲サントリー東北サンさんプロジェクト(被災地復興支援)のページにリンクします。

サントリーチャレンジド・スポーツプロジェクトのページにリンクします。
▲サントリーチャレンジド・スポーツプロジェクト(競技サポート)のページにリンクします。